エントランスには5mの「アイアンマン」が登場(コンセプトイメージ)
(C) 2017 MARVEL

2017年4月7日(金)から6月25日(日)まで、六本木ヒルズ森タワー 52Fの展望台「東京シティビュー」で、マーベルの大型総合展「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」が開催される。ウォルト・ディズニー・ジャパンによる特別協力のもとで開催され、マーベル・スタジオ最新作の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」が5月12日(金)に公開されることを記念した「マーベル プロジェクト@六本木ヒルズ」も実施。「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」の入場料は一般1800円 / 高校・大学生1200円 / 4歳〜中学生600円 / シニア(65歳以上)1500円で、展望台や森美術館の入館料が含まれる(屋上スカイデッキは別料金)。本展では、「アベンジャーズ」や「スパイダーマン」など、マーベルの著名なキャラクターを取り上げ、貴重な資料や衣装、小道具など約200点を展示。過去から現在に至るまでのマーベルの世界観が余すところなく紹介される。会場のエントランスには、日本初公開となる5mの「アイアンマン」が登場。日没後からは、ガラス張りの窓一面に広がる東京の夜景と、「アイアンマン」のライトショーのコラボレーションを楽しむことも可能だ。コミックスをイメージしたポップなゲートなども含め、会場全体を通してマーベルの世界を楽しめる。会期中無休で、時間は10:00〜22:00(入場は閉場30分前まで)。なお、本展に合わせた「マーベル プロジェクト@六本木ヒルズ」は、ウェストウォークのメンズゾーン、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIをはじめとした商業店舗、共用エリアなど六本木ヒルズ全体で展開。さまざまなイベントや展示、ステッカーをもらえる特別企画の「ベビー・グルートを探せ!」などが開催される。人気ブランドやレストラン / カフェの店舗でも関連した商品や企画が展開されるなど、六本木ヒルズがマーベル色に染まる一大プロジェクトだ。見所の1つとして、ウェストウォーク 2F 南側吹抜けには、巨大なホットトイズ社製の実物大フィギュア「ハルクvsハルクバスター」が登場する。

コミックスをイメージしたゲート(コンセプトイメージ)
(C) 2017 MARVEL

■期間:
2017年4月7日(金)〜6月25日(日)

■開催場所:
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ 森タワー 52F

■問い合わせ先:
東京シティビュー / NHKプロモーション
tel. 03-6406-6652
url. http://www.tokyocityview.com/marvel-exhibition/