Twitterは6日、新たなWebブラウザ版のサービスとして「Twitter Lite」をリリースしたと発表した。世界各国のユーザーに向けて、順次提供が開始される。

 

本サービスは、通信環境が遅い・不安定というような理想的ではない状況でも、できるだけ快適にTwitterを利用できるようにした高速化サービス。スマホやタブレットなどのモバイルデバイスでの利用を想定して設計されたもので、フルサービスのTwitterよりも機能を絞ることで、起動時や利用時の読み込み速度は最大30%アップし、デバイス上の容量は1MB以下に抑えられている。

「Twitter Lite」

基本機能は、タイムライン、ツイート、ダイレクトメッセージ、トレンド、プロフィール、画像などのアップロード、通知など。

投稿画面の比較
下の従来版と比べて、上に表示したLiteには「GIF画像を追加」「投票を追加」「位置情報を追加」がない

また、画像や動画をプレビューで表示して、見たいものを選択するとフルロードになる「データ節減モード」も搭載。これにより、最大70%のデータ量が削減できる。

 

さらに、AndroidのGoogle Chrome版の「Twitter Lite」には、プッシュ通知とオフラインサポートの追加機能も搭載する。

 

なお、本サービスはモバイル用に最適化されたものだが、デスクトップパソコンのWebブラウザでも利用は可能だ。

 

発表資料

URL:https://blog.twitter.com/ja/2017/0406/0406/lite

2017/04/07