旅行は楽しいが、長時間飛行機に乗るのは多くの人にとってまさに拷問だ。

写真拡大

旅行は楽しいが、長時間飛行機に乗るのは多くの人にとってまさに拷問だ。空の旅を快適にするために、手荷物にテニスボールを1個、携帯することをおススメする。新華社が英デイリー・メール紙の記事を引用し、伝えた。

テニスボールと航空機にはなんのつながりもないようだが、実際には便利で効果的なマッサージ機となる。長時間同じ姿勢で座り、筋肉がこわばり関節が痛くなった時、手を使い、自分でマッサージをすると、隣の乗客の邪魔になり、嫌な顔をされることもある。そのとき音を立てずテニスボールを痛い場所に当て、押し込みゴロゴロと転がすことで、痛みや凝りを解消することができるのだ。

外科医もこのテクニックを推薦している。ロンドン整形クリニックの外科医は「テニスボールにより血液の循環を促進できる。ただし水を多めに飲み、頻繁に立ち上がり歩くべきだ」とアドバイスしている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)