写真提供:マイナビニュース

写真拡大

凸版印刷は4月6日、企業向けデジタルカタログ閲覧サービス「iCata(アイカタ)」の新サービスとして、住設メーカーのショールームを、場所や企業名から検索・閲覧できるサービス「iCataショールーム検索」を提供開始したことを発表した。

併せて、電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」での告知機能や、地図検索サービス「Mapion(マピオン)」の地図ページでの表示機能も利用できるようになる。

これにより、住設メーカーは、工務店・設計事務所を中心とした月間15万人のiCataユーザーに対し、各ショールームの施設情報だけでなく、Shufoo!やMapionを介して月間3,050万人の生活者にも各企業のショールームでのイベント情報などを配信できる。

また、各ショールームの詳細ページからのリンクで、各企業のサイトに誘導することも可能だ。

価格は、ショールーム一カ所につき月額1万円(税別)。

同サービスでは今後、2017年度末を目処に800カ所のショールーム情報を掲載する予定だという。さらに、360度パノラマVR映像用クラウド型CMSや、3DCADデータを活用したVRによるリアルタイムシミュレーションを提供するT-VSS(トッパン・バーチャルシミュレーションサービス)との連携など、さまざまな企業のバーチャルショールームが集約されたモール展開を視野にいれ、機能・サービスを追加提供していく予定となる。

(小松原綾)