彼氏から愛される彼女の甘え方♡ かわいい″借りパク″が効果的?

写真拡大 (全4枚)

今回は、彼氏にもっと愛される甘え方についてご紹介します。彼氏に愛されるためにはどうすればいいのか? というのは、おそらく彼氏がいる女子に共通する永遠のテーマでしょう。


1. 彼氏のものを借りちゃえ!


恋愛が上手い女子がわりとよく使うテクが「借りパク」なんだそうです。彼氏のジャージを借りたままパクっちゃうとか、そういうことだそうです。
大人になって誰かと付き合いだしたら、彼氏のものを借りたまま返さない(パクったことにする)、ということってあまりしなくなるのかもしれませんね。でもやってみるといいかもしれません! たとえば、彼氏のボクサーズブリーフを借りて、そのまま「洗濯して返すから」とか言いつつ、自分の家に持って帰って、返さないとか……。

この方法のコツは?
返さなくても罪にならない程度の、かわいらしいものを借りパクするのがポイントなのではないかと思います。ボクサーズブリーフって、まぁ1枚くらいなら彼氏も忘れてくれるかもしれませんしね。

ただし、本は借りたら返したほうがいいかもしれません。女子に本を貸したらまず帰ってこない……これは男の世界でよく言われることです。本って思い入れがあって購入する人もいますから。

下着とかタオルとか、そういうかわいらしいものをかわいく借りパクするのが、ラブラブになるコツなのではないでしょうか。

2. 彼氏にやって欲しいことをちゃんと口にしよう



彼氏にやってもらいたいことを「やって欲しい」と素直に言う……これだけで、ずいぶんラブラブになれます……と書かずとも、みなさんわかっていますよね? でもなぜか彼氏に遠慮しちゃって、あるいは恥じらいゆえ、やってもらいたいことを「やってよ!」と言えない彼女のほうが多いのではないでしょうか。

男らしくいないと……と気を使っていることも
男子ってよく「男らしくしないといけない」と思っていると言われます。だから、たとえば女子ウケするデート向きのおしゃれな居酒屋さんなんかに、男子から誘うことってあまりしないのです。それは男らしくないからです。だから、カップルでやるあれやこれやのことは、すべからく彼女から誘うといいと思います。

「男らしくしなくっちゃ」と考えている彼って、「男らしく、彼女のことを男からデートに誘わなくっちゃ」と思っていたりもするのです。つまり、常に彼女に対して「男らしくあろう」と少し気が張っているのです。だから彼女から誘われると、ホッとするわけです。

3. カラオケで「好き」って歌詞の歌を歌ってあげて!


ラブラブになる甘え方ってネット上にたくさん出ていますが、あまり出ていない例示を挙げるなら「カラオケでラブソングを彼に歌ってあげる」というものがあると思います。彼氏とすごく仲良くなれば、「好き」という内容の歌詞の歌を、彼氏の前で歌うなんて朝飯前でできるかもしれません。

でも、どうしてもちょっと気恥ずかしくて歌えないときってありますよね? そういうときでもちゃんと歌ってあげると、かなりラブラブになれます。人って歌詞を聞いていないようで、ちゃんと聞いていますからね。歌詞を通して遠回しに甘えるわけです。



いかがでしょうか。
「彼氏にやって欲しいことをとちゃんと口にする」ことができるようになれば、かなりラブラブになれるはずです。週末どこに行きたいとか、今夜は何を食べたいとか、そういうリクエストをちゃんと彼氏にできるようになれば、立派なラブラブカップルになれます。

長く付き合っていくと「これは相手に言わないほうがいいかも」とか「言わなくてもこれくらいのことは察してくれているだろう」と思いがちです。でも、よくよく喋ってみたら、いとしの彼氏は自分が想像していたこととまったく反対のことを思っていた、なんてこともあるのです。だから、意識してちゃんと「彼氏にやって欲しいことを口にする」といいのです。
(ひとみしょう)