「奪い愛、冬」は「誰が一番狂ってるんだ選手権」だった【冬ドラマ】

写真拡大

【スナイパー小林の勝手にドラマ大賞 2017冬 ストーリー賞編】

 なにかと話題作が多かった2017年冬ドラマがあっという間に終了。主演賞、助演賞に引き続き、私の独断でドラマを総評していこう。受賞者には特になんの賞品もありませんが、イチドラマ解説者からラブコールを受けたということで、記憶に留めていただければと……それでは、ストーリー賞をどうぞ。

●ストーリー賞:「奪い愛、冬」(テレビ朝日)

 2017年冬ドラマの主役といえば「カルテット(TBS)」。私も毎週、楽しみに視聴していた。脚本は坂元裕二さん(過去作品に「Mother/日本テレビ・2010年」「最高の離婚/2013年・フジテレビ)」など)、松たか子を筆頭にした期待しか感じられないキャスティング。ドラマファンからすると、この放送前の情報だけも見る以外の選択肢がないドラマだった。実際に放送されても、回を追うごとに判明する伏線や心揺さぶるセリフの数々に、SNSのタイムラインはいつも賑わったていた。

 なので、ここで取り上げても“今さら感”が否めないだろうと思い、私の中で「カルテット」は殿堂入りに。

 では今クールのドラマでどの作品にストーリー賞をあげたいかと言えば、助演男優賞の回でも取り上げた「奪い愛、冬(テレビ朝日)」である。その魅力についてざっくりと二つ挙げてみよう。

◆ヒロイン&ヒーロー以外、全員、狂い踏み

 ヒロインは倉科カナ(池内光役)、その恋のお相手となるのが大谷亮平(森山信役)。タイトル通り、この二人を巡る“奪い愛”が勃発するのが本作品の大筋だ。

 水野美紀(森山蘭役)と三浦翔平(奥川康太役)の怪演が怖すぎると話題に上がっていたが、実は他の出演者もほぼ狂っていた。

 同僚の康太に恋する役として秋元才加が登場したのだが、光を潰しにかかるわ、康太に色仕掛けで迫るわで、割といい仕事をしていた。バレンタインにまさかの「自分にリボン」で登場したのが怪演のハイライトだろうか。

 また、執拗なまでに息子を溺愛して、その婚約者をいびり倒す母親役には榊原郁恵。“夏のお嬢さん”もついにいじめ役をやるまでになったか、とやや感慨深かった。

 その他、光と康太の所属するデザイン会社の上司も地味におかしいし、ダレノガレ明美の演技は悲惨そのものという、ある種の怪演も見られた。

 私の中で「どの出演者が一番狂ってるんだ選手権」が開催され、その1位の座を上記エントリー俳優陣がまさに奪い合いだったのである。ああ、おもしろかった。

◆大映ドラマを彷彿とさせるスピード感

 ドラマ鑑賞を始めた幼い頃、世はまさに大映ドラマが全盛期だった。「ポニーテールはふり向かない(1986年)」「乳姉妹(1985年)」など、女子SPA!世代には今ひとつピンと来ないかもしれないが、今じゃ考えられないような設定のドロドロ人間模様が描かれる昼ドラのようなストーリー、それが大映ドラマだ。これがまさかの夜8〜9時台のゴールデンタイムに放送されていた。

 その香りを漂わせていたのが「奪い愛、冬」だ。ついこの間まで元気だった人がいきなり吐血をして数カ月で死亡。足が悪くなったことを理由に夫と結婚したのにそれは全て嘘。夫の不貞を暴こうとまさかのクローゼットに籠城……と、よく考えるとありえないにもほどがある設定の連発に毎回笑った。

 さらにその設定を盛り上げたのが、スピーディーなストーリー展開だ。1時間でどんどん話が変わっていくので見逃すと大変なことになると、視聴者はある種の危機感に襲われたのではないだろうか。そして「ガーン」「ドーン」という今じゃ普通のドラマでは聞かれなくなったコントのような効果音も、大映感を盛り上げていた。

 喫煙やセクシーなシーンがあるだけで「待ってました!」とばかりにテレビ局へ苦情やご意見が弓矢のように飛んでくる今の時代。本作品にも間違いなくあったはずだ。そんな中でも限界ギリギリまでできることを形にしてくれた心意気に、ストーリー賞をもって敬意を評したい。

<TEXT/スナイパー小林>
【スナイパー小林 プロフィール】
ドラマ解説、芸能、恋愛、カルチャー、美容・健康ネタ好きのライターであり、編集者であり。執筆や編集を手がけた媒体は100冊以上。約20年以上ドラマをこよなく愛し、ついには趣味が仕事になった幸せ者のアラフォー。Twitter:@hisano_k