ご当地プロレスラーもクラウドファウンディングを活用する時代!?

写真拡大

 近年、クラウドファンディングと呼ばれる資金調達方法に注目が集まっている。

 大ヒット映画『この世界の片隅に』(2016年11月公開)や、ゲーム『シェンムーIII』(2017年12月発売予定)など、従来の商業ベースでは制作が難しい作品が、ファンより多額の支援を集め実現した例は少なくない。

 大衆娯楽であるプロレスとクラウドファンディングも相性が良く、多数のプロジェクトが達成している。今回はいくつかの事例を紹介しよう。

◆コスチュームの新調費用に

 日本で最初期にクラウドファンディングで資金を募り、目標額を達成したプロレスラーは、2014年の内田祥一(現:ダブプロレス)だ。試合で使うコスチュームが傷んだため、新調する資金を募った。目標金額は50,000円だったが、最終的に106,000円を達成した。

 支援者に対してのリターンは様々だったが、最高額・50,000円のリターンはコスチュームデザイン権利だった。決して安くはない額だが、ファンにとっては金額以上に魅力あるリターンで、ひとりが50,000円を支援した。

◆チャンピオンベルトの制作資金を募る

 クラウドファンディングは、資金調達だけでなく、ファンとの結びつきを強める手段にもなりうる。沖縄のローカルプロレス団体・琉球ドラゴンプロレスリングがその好例だ。

 団体の象徴ともいえる、チャンピオンベルトの制作資金を募ったのだ。リターンは初代チャンピオン決定戦の招待券や試合DVD、高額支援者にはベルトへの名前刻印などだ。目標額は300,000円だったが、大きく上回る500,000円を39人の支援者から集めた。

 王座名は御万人(うまんちゅ)王座『琉王』。御万人とは「みんなの」「人々の」などを意味する沖縄方言だ。ファンよって作られたベルトにふさわしい名前だ。

 ファンは誰が王者になるか気になり、選手はファンに認められようと、タイトルマッチ以外でも素晴らしい試合をしようと努める。単にベルトが作られただけでなく、リング内外に良い効果をもたらした。

◆どこにでも出前プロレス

 ファンを巻き込んで祭りにしてしまう選手もいる。「くいしんぼう仮面」というレスラーだ。

 大阪の有名飲食店のキャラクターをモチーフとした選手で、楽しいプロレスを得意とする。今でこそ各団体・興行で笑いの要素を強めたコミカルマッチが組まれるのが当たり前になっているが、その先駆者ともいえる存在だ。

 くいしんぼう仮面が募ったのは書籍の発行・制作資金だ。内容は自伝 & 関西圏のレスラーインタビュー集だ。リターンには書籍や大会招待券が用意され、高額コースには覆面が提供された。300,000円の目標額に対し、100人から421,500円の支援が集まった。

◆選手がスクリーンから生で飛び出す上映会

 これが好評を得たため、第2弾インタビュー集発行を計画。再びクラウドファンディングで募った。同じく100人の支援者が集まったが、支援額は1,113,000円と前回の2倍以上となった。

 その理由は魅力あるリターンだ。第1弾と同様に、書籍や招待券、DVDなどもあるが、新しく追加されたマットプロレスが魅力的だった。

 なんと、くいしんぼう仮面本人が支援者の希望する場所へ出向き、プロレスを開催するのだ。前回記事では、臨場感抜群のノーリングマッチを紹介したが、リターンではマッおよそ3メートル弱四方のマットを使用。といっても、場外戦がほとんどとなるため、ノーリングマッチとほとんど内容は変わらない。

 さらには試合の様子を撮影し、DVD化してしまうことさえ許可してしまった。現在も支援者自宅やライブ会場、様々な場所でリターン試合が実施中で、動画サイトに試合模様がアップされたり、生配信されたりしている。