画像

写真拡大 (全2枚)

 フィードフォースの「ソーシャルPLUS」に、「メッセージマネージャー」が追加された。これにより、ソーシャルPLUSを通じて得られた会員の属性情報や行動履歴をもとにセグメント分けした特定のユーザーへのメッセージ配信が可能になる。

 フィードフォースは4月6日、提供するソーシャルログインサービス「ソーシャルPLUS」に、LINEログインでID連携した特定のユーザーに向けてLINEのメッセージを簡単に配信できるツール「メッセージマネージャー」を追加した。

 ソーシャルPLUSを利用すると、LINEログインを起点に顧客の会員IDとLINEアカウントの自然な紐付けが可能となりID連携率の向上が見込める。

 また、今回追加された「メッセージマネージャー」をあわせて活用することで、会員の属性情報や行動履歴をもとにセグメント分けした特定のユーザーへのメッセージ配信を簡単かつ効率的に行うことができる。

 また、自社の会員IDとLINEアカウントを効果的に連携するために必要となるLINEログインの導入も、ソーシャルPLUSを利用することで実装コストを大幅に削減することができる。

MarkeZine編集部[著]