Appleは、iPhoneやiPadでビデオクリップを簡単に作ることのできる無料アプリ「Clips」を公開しました。リアルタイム音声認識で、字幕を入れることが可能です。

手軽にビデオクリップを作成!

先日、Appleが4月上旬の公開を予告していた「Clips」が、日本時間4月7日早朝に公開されました。3月末に公開されたiOS10.3以降に対応しています。
 

 
「Clips」の特徴は、iPhoneで手軽にビデオクリップを作り、SNSでのシェアまでスムーズにできることです。映像にフィルタ追加、好みの音楽の挿入、複数の写真とビデオの組合せといった編集が、簡単な操作で可能です。
 

 
また、撮影中に話した言葉を音声認識し、リアルタイムで字幕にすることができます。筆者が試したところ、認識精度はSiriと同等で、ほぼ正しく認識していると感じました。誤認識があれば字幕をタップすれば簡単に編集できます。
 
挿入可能な音楽は、写真アプリで自動生成される「メモリー」のBGMに使われている多くの曲から選ぶことができます。映像の長さにあわせて音楽を自動調整してくれるので、音楽が映像とともにフェードアウトし、自然な仕上がりになります。iPhoneのライブラリに保存された音楽を使用することもできます。

「iMovie」よりも手軽に楽しむことを重視した「Clips」

Appleが提供する、iPhoneで使える動画編集アプリには「iMovie」もありますが、筆者が使ってみたところでは、「Clips」はフィルタを掛けた自撮り動画に字幕をつけてSNSにシェア、といった手軽さを重視している印象を持ちました。
 

 
iMessageで、LINEのスタンプ風のステッカーが利用可能になったように、最近のAppleには、人気SNSの機能を積極的に標準アプリに取り込む姿勢を改めて感じます。

 
以下は、米メディアMacRumorsが公開したハンズオン動画です。手軽に多彩な編集ができる様子がわかります。
 

 

Clips
カテゴリ:写真/ビデオ
現在の価格: 無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
 
Source:Apple, MacRumors
(hato)