(C)third window films

写真拡大

 7月15日に公開される映画『獣道』が、第19回ウディネ・ファーイースト映画祭コンペティション部門に正式出品されることが決定した。

参考:伊藤沙莉と須賀健太のキスシーンも 『獣道』予告編&ポスタービジュアル

 本作は宗教団体、ネグレクト、少年犯罪、性産業など大人に翻弄される地方都市の若者たちを、実話をベースに描いたブラックコメディ。監督を務めるのは『下衆の愛』の内田英治。『一週間フレンズ。』の伊藤沙莉と『バースデーカード』の須賀健太がW主演を務めるほか、アントニー、吉村界人、韓英恵、松本花奈、毎熊克哉、矢部太郎、でんでん、広田レオナ、近藤芳正などが脇を固める。

 ウディネ・ファーイースト映画祭は、イタリアの都市・ウディネで開催される映画祭で、東アジアおよび東南アジアの最新作をヨーロッパに紹介することを目的とし、大作からミニシアター系の作品まで幅広いジャンルの作品を選出している。映画祭には伊藤沙莉、アントニー、内田英治監督が参加予定。

 本作が選出されたコンペティション部門が対象となる賞は、観客賞、ブラック・ドラゴン観客賞、マイ・ムービーズ観客賞の3つの賞。 毎年日本映画にも多くの注目が集まり、2014年の『永遠の0』が観客賞を受賞したのをはじめ、過去にも多くの作品が受賞している。

 正式出品にあわせて、同映画祭日本映画選定担当のマーク・シリング、内田英治監督、アダム・トレルプロデューサー、主演の伊藤沙莉から、歓喜のコメントが寄せられている。

■マーク・シリング(ウディネ・ファーイースト映画祭、日本映画選定担当)
内田監督特有のブラック・コメディである本作は、思わずほくそ笑んでしまうシーンが至る所にちりばめられており、時代錯誤な地方の面白さと偶然に派生する若物達の恋愛が、絶妙に交錯している。

■内田英治監督 コメント
『下衆の愛』と同様、あまりにも内容がドメスティックすぎて海外映画祭は行けないだろうなぁと思ってました。カルト宗教で育った少女と田舎ヤンキーたちの青春物語なんて誰が見てくれるんだろうって……。でもイタリアのウディネ映画祭でコンペに選出されました。日本固有の文化《ヤンキー》がイタリアで暴れます!

■アダム・トレル(プロデューサー)コメント
日本でオリジナル作品が少ないから、俺たち(プロデューサー)はサポートしなかったら日本映画が海外で人気なくなっていく。
イギリス人だからヤンキー文化は詳しくないけど、内田さんは海外が知らない面白い日本文化の映画を作ったかも!あと、俺は「チャンプロード」雑誌を好きになってきた。

■伊藤沙莉 コメント
『獣道』は私に沢山の初めてを経験させてくれた、とても深く愛している作品です。その作品を背負って、初めての海外、初めての映画祭に参加できることをとても幸せに思います。

(リアルサウンド編集部)