画像

写真拡大

 メディアのマネタイズ支援などを行うエンハンスが、シーセンスおよびインプレスと業務提携を行った。あわせて、「Cxence DMP」を採用した「Impress Watch」のメディアデータをもとにターゲティングができる広告サービスの販売を開始する。

 マイクロアドの子会社であるエンハンスは、シーセンスおよびインプレスとの3社間で業務提携を行い、「Cxence DMP」を採用したデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」のメディアデータをもとにした高精度なターゲティングができる新たな広告サービスの販売を開始する。

 シーセンスは、最新のリアルタイム解析ツールを用いたプライベートDMP「Cxence DMP」を提供しており、今回の提携にあたりエンハンスはシーセンスと「シーセンス認定パートナー」契約を締結した。インプレスが運営する「Impress Watch」は、PC、AV、ゲーム、モバイルなどの情報を提供している。

 3社は同提携を通じて以下の3つを行っていく。

・カテゴリ/キーワード/コンテンツ情報を基にした高精度なセグメント分割

・広告主のニーズにマッチするターゲットユーザの設計

・DSP「MicroAd BLADE」を通じたインプレスサイト広告枠および外部ネットワークの広告枠への広告配信

MarkeZine編集部[著]