工藤新一&服部平次の名セリフは必聴『迷宮の十字路』が地上波登場

写真拡大

様々なジャンルの映画が登場する『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系、毎週金曜21:00〜)。4月7日は、ファン投票第1位に選ばれた大人気作『名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)』が放送される。

『迷宮の十字路』は、シリーズ20作目『純黒の悪夢(ナイトメア)』(2016年)が公開されるタイミングで行われたファン投票で、見事1位に輝いた人気作。春の京都を舞台に、義経とその家来たちを名乗る盗賊団を狙った連続殺人事件と、仏像の盗難事件にコナン(高山みなみ)が挑む。鍵を握るのは、コナンのライバル・服部平次(堀川りょう)。平次の初恋にまつわるエピソードと、和葉(宮村優子)との恋の行方、コナンと平次の友情と絆に注目だ。さらに、清水寺や五条大橋、一条戻橋、桜の名所として有名な蹴上インクライン疎水公園など、京都の観光名所も登場。歴史ミステリーとともに、京都への小旅行気分も味わえる作品となっている。

ストーリーは、東京、大阪、京都で、5人の男が弓矢や日本刀で殺される事件が発生するところから始まる。殺害されたのは、互いを「義経記」の登場人物の名で呼び合う盗賊団「源氏蛍」のメンバー。しかし、生き残っているのが「義経」と「弁慶」、「伊勢三郎」であること以外、手がかりが見つからない。そんな中、京都の山能寺の僧・竜円(中村大樹)から依頼を受けた小五郎(神谷明)は、コナンたちを連れて京都へ。この寺は12年に一度だけ公開される秘仏で有名だが、その仏像が8年前に盗まれていたという。そこで、仏像の公開を3日後に控えた寺に送られてきた、秘仏の隠し場所を示す“暗号”に挑むことになる小五郎。仏像を盗んだのが「源氏蛍」だと直感したコナンは、連続殺人事件と暗号の謎を解くために五条大橋へ向かうと、西の高校生探偵・平次と遭遇する。よきライバルとして今までにも協力して事件を解決してきた2人は、京都府警の名物刑事・綾小路(置鮎龍太郎)の忠告を無視し、「義経記」にまつわる場所を巡ることに。しかし、鞍馬山で、翁の面をつけた何者かが平次を襲撃して……。