「私のこと好き?」ってカレシに聞きすぎちゃいけない4つの理由

写真拡大



こんにちは、コラムニストの愛子です!

「私のこと好き?」と何度もカレシに確認したくなるという女性は、多いのではないでしょうか。たまにならいいのですが、しつこく聞きすぎるとそのせいでカレの気持ちが遠ざかってしまうこともあるようです。

一体どうして「私のこと好き?」と聞きすぎてはいけないのか、その理由をご紹介します!

■1.自信がない印象を与えてしまうから

「あんまりしつこく聞かれると、そんなに自分に自信が持てないのかなって思ってしまう。自分に自信がなさすぎる女性って魅力的に見えない。たまにならカワイイんだけどね」(29歳/男性/金融)

たしかに何度もカレの愛を確かめたくなるときって、自信が持てないときが多いですよね。単純に愛されているか確認するためというよりは、「私なんかを愛してくれるわけがない」という自信のなさをぶつけるために聞いてしまうことが多いのでは?カレは優しくしてくれているのに、なぜか不安で「好き」という言葉が欲しくなるときは、質問する前にあなた自身の心の中を探ってみてください。あなたに足りていないのは、「カレからの愛情」ではなく「自分を好きな気持ち」なのかもしれません。

■2.同じことを聞かれるとうっとうしいから

「単純に、同じこと何度も聞かれるとうっとうしい。ラブラブなムードのときにじゃれる感じで聞かされるとカワイイなと思うけど、必死になんども聞くのは止めてほしい。好きなのに、そのせいで冷めていく」(27歳/男性/広告)

どんな内容でも、同じことを何度も繰り返し聞かれればうっとうしく感じますよね。ですから、しつこく重く聞くのはNGです。でも、ときどき聞くぶんにはカワイイと思ってもらえたり、ラブラブなムードをつくるきっかけになったりするようですから、うまく活用するのはアリかもしれません。

■3.「本当に好きか?」と迷わせてしまうから

「何度も聞かれるうちに、『本当にオレ、カノジョのこと好きなのかな』って考えちゃって、自分の気持ちがよくわからなくなってくる」(25歳/男性/飲食関係)

「私のこと好き?」と繰り返し質問されることで、カレは何度も「オレはカノジョのことを本当に好きなのか?」と頭の中で自問自答することになります。あまりにも聞かれすぎて、真剣に考えるようになると、だんだん好きかどうかわからなくなっていくのだとか。から、聞きすぎは禁物なのです。

■4.疑っていると思われてしまうから

「たまにだったらいいけど、毎日のように聞かれると何がそんなに不安なんだろ?って思う。オレの気持ちを疑われているような気になるし、信頼されていないと思うと気持ちが萎えていってしまう」(29歳/男性/不動産)自分のことを信じてくれている人のことは、裏切りたくないと感じますよね。でも疑われてばかりいたら「どうせ信頼されていないのだからどうでもいいか」と思ってしまうのではないでしょうか。あなたはただ「好き」という言葉が聞きたくて質問しているだけだとしても、カレは「気持ちを疑われているのでは?」と感じてしまいますよ。

■おわりに

どうしてもカレの愛を確かめたいときは、「私のどこが好き?」と聞いてみましょう。同じように思えますが「カレがあなたを好きなこと前提」で質問できるので悪印象になりません。カレにあなたの好きなところを何度も考えてもらうことは、より強い想いに繋がるかもしれません。ただし、しつこく聞くと悪い結果にしかなりませんから、気を付けましょうね。(愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)(古泉千里/モデル)(泉三郎/カメラマン)