北朝鮮 金正恩氏(KCNA/新華社/アフロ)

写真拡大

 韓国軍の内部ネットワークに対する北朝鮮のハッキングで、朝鮮戦争が全面再開された際に適用となる米韓軍の軍事作戦「作戦計画5027」(以下、「5027」)が流出していたと報じられているが、実は、筆者は2006年2月に「5027」に関する本を出版したことがある。

 この「5027」は米軍が韓国軍と共同で1974年から策定し、その後の北朝鮮の変化などに合わせて随時、変更を加えてきた軍事作戦計画だ。筆者が1999年から2000年まで米ハーバード大学の中堅ジャーナリストの再教育機関とでもいうべき「ニーマンファウンデーション(協会)」のフェローとして1年間ハーバード大で研究生活を送った際、米政府関係者から当時としては最新の「5027」を入手した。それは英文のレター用紙500枚以上あった。

 帰国後、『北朝鮮最終殲滅計画―ペンタゴン極秘文書が語る衝撃のシナリオ』 (講談社プラスアルファ新書)として出版した。主に、米国が1974年から策定し、随時変更を加えてきた対北朝鮮軍事作戦であるOperation Plan 5027 (OPLAN5027)の変遷とその間の状況を解説。後半は軍事を中心とした過去15年ほど(2005年12月まで)の経過と対応を述べ、新聞情報などをまとめて当時の現実的状況を明らかにしたものだ。
 
 当時は米国がブッシュ(息子)政権、北朝鮮は金正日指導部の時代で、現在の北朝鮮を取り巻く現実的な状況はまったく異なっているが、軍事作戦そのものは米韓両軍が陸上で北朝鮮の進撃をとどめて北上すると同時に、北朝鮮の日本海と黄海の東西両海岸に海兵隊を上陸させ、平壌一帯を制圧するという作戦は、基本的に変わらないとみられる。

 ただ、その後、米特殊部隊によるウサマ・ビン・ラーディン暗殺計画が成功したこともあって、金正恩委員長を襲撃するという「斬首計画」も「5027」に加えられているとみられる。イラク戦争と同様、開戦当初は爆撃機による空襲を中心にして、都市部を徹底的に壊滅させて、その後、地上戦に移行し、残っている敵の部隊を攻撃し軍を崩壊させ、最高指導者を捕獲、あるいは殺害するという基本的な計画は変わらないだろう。

●「5027」実行計画がすでに現実化か

 韓国KBSテレビは韓国政府関係者の話として、「『5027』は最高機密で、流出が事実なら韓国軍の受けた過去最悪のハッキング被害となり、米韓軍の展開に深刻な影響が及ぶ可能性があるとしている」と報じているが、北朝鮮側もその内容は基本的に知っていることから、それほどの影響はないというのが正直なところではないか。北朝鮮によるハッキングをリークした政府関係者の狙いとしては、「5027」が最高機密であると煽っておいて、韓国内の危機感を高めることに主眼があると考えるほうが納得がいく。

 それよりも、このような危機感を煽る情報が伝えられるなかで、米韓両軍が3月27日から4月5日まで、慶尚北道浦項付近で大規模な合同上陸演習を行ってきたが、通常ならばメディアに公開される演習が、今回は非公開で実施されたことがわかっており、いよいよ「5027」が実戦で運用されるのではないかとの観測も高まっている。

 特にトランプ米大統領は英紙「フィナンシャル・タイムズ(FT)」の単独インタビューで、北朝鮮問題について次のように語っている。

(FT)――中国にどれだけの期待をしていますか。北朝鮮問題を解決し、米軍を朝鮮半島から撤退させるといった大きな取引はあり得ますか。

(トランプ)「もし中国が北朝鮮問題を解決しないなら、我々がする。言えるのはそれだけだ」

――中国の協力なしに北朝鮮問題を解決できますか。

「完全にだ」

――(北朝鮮と)1対1でですか。

「これ以上言う必要はない。完全にだ」
 
 トランプ大統領は米軍による北朝鮮攻撃を強く示唆しているように聞こえる。このような軍事オプション(選択肢)が現実化しているがゆえに、慶尚北道浦項付近で大規模な米韓合同上陸演習がメディアに公開されなかったと考えるのはうがち過ぎだろうか。

 実は「5027」の実行計画がすでに現実化していると考えたほうがより合理的であり、今月6〜7日の米中首脳会談において、対北問題で合意に至らなければ、米軍による軍事オプションの可能性が高まっていると考えても不思議ではないだろう。
(文=相馬勝/ジャーナリスト)