欅坂46が、デビュー日となる4月6日、代々木第一体育館にてデビュー1周年記念ライブを開催した。ここまでの欅坂46の快進撃を見れば、「まだ一周年」という印象が強い。それだけ、欅坂46がデビューから歩んできた1年間は衝撃的なものだった。

デビューシングルとなる『サイレントマジョリティー』はYouTubeの再生回数が5300万を突破。アイドルのデビューシングルとしては数々の記録を塗り替えてきた。その後に発売されるシングルはどれも大ヒット。デビュー8カ月で紅白歌合戦へも出場。そのパフォーマンスは大きな話題となった。

欅坂46がここまで人気を獲得した理由はなんだろうか?

まず一つには、平手友梨奈という絶対的なセンターがいることだ。平手が特別な存在なのは、欅坂46というグループのコンセプトをしっかりと理解し、全身で表現できること。そして、「目の強さ」がクローズアップされることが多いが、まさに「画になる」センターであることだ。また、平手自身もメディアで話すように「全員で欅坂46」という意識が強く、全体のバランスも考えながらセンターとしての役目をまっとうしようとしている。絶対的なセンターでありながら、周りの助けも受ける新しい形のセンターの姿を見せている。

そして、そんな平手を中心に、各メンバーが個性豊かなことだ。デビューから1年しかたっていないのがウソのように、各々がレベルアップし舞台を彩る。その上で、しっかりと自分の役割を考え欅坂46の一員として活躍しようと考える力が強い。売り出し方もあり「欅坂46=平手友梨奈」というイメージが非常に強いがそれぞれが、個性豊かだからこそ平手のセンターもしっかりと生きてきている。

さらに、楽曲の「強さ」も個性的だ。世界観を優先したMVや振り付けは時にはアイドルの枠を超えることもあり刺激的。また、その欅坂46としての世界観を作り出すことに、メンバーも運営も迷いがないからこそ、突き抜ける強さを持つ。

欅坂46がグループとして置かれている状況も魅力を増幅していると考える。AKB48が今までのアイドルの歴史を破壊し続けてきた存在であり、そのカウンターとして正統派なイメージを持つ乃木坂46が生まれた。そして「46」を受け継ぐ欅坂46は乃木坂46のカウンター的な要素を持つ。有明コロシアムで行われた初ワンマンライブでも「負けない、支配されない、坂をのぼり続ける」という刺激的な発言が飛び出していたが、48、46合わせ数多くの関連するグループが存在する中で、道を作り続けてきた先輩グループに対してカウンターのポジションでいられる。「革命的」「反抗的」な欅坂46の世界観とマッチし、活動は常に刺激的なものになり、その姿にファンは熱狂をすることが出来る。

今回の1周年ライブを見て、欅坂46はまだまだ進化する可能性を秘めていると感じた。

結成から1年が過ぎ更に魅力を増していく中で、欅坂46がアイドル業界を背負っていく存在になることは間違いないだろう。(編集部/高橋学)