29日午後9時ごろ、青島市北支局大港派出所110番対応担当の胡玉金警官と楊涛補佐警官は、冠県路51番の道端に横たわっている人がいるとの通報を受けた。資料写真。

写真拡大

29日午後9時ごろ、青島市北支局大港派出所110番対応担当の胡玉金警官と楊涛補佐警官は、冠県路51番の道端に横たわっている人がいるとの通報を受けた。警官はただちに車で現場に急行し、通報があった場所の周辺を捜索したところ、スーパ―の店内に不安そうな顔つきをした外国人がいるのを見つけた。警察に通報した市民は、「この外国人男性は、ついさっきまで道路に横たわっていた。全身から酒の匂いがぷんぷんと漂っていた。寝転んでから約5分後、自分で立ち上がり、あたりをうろうろとし始めた」と話した。斉魯晩報が伝えた。

楊涛補佐警官は、英語でこの外国人男性に状況を尋ねたが、この男性は、「Russia、Russia…」とひたすら呟くだけだった。このような状況から警官は、この男性は道に迷ったロシア船の乗組員であろうと判断した。そして、身振り手振りでコミュニケーションを取り、この男性をパトカーに乗せ、港務局の埠頭に入り、彼が乗っている船を探し始めた。あちこち尋ね回ったが、彼の船に関する情報は得られず、男性の不安と焦りはますます大きくなった。この時、警官は遠くを歩く2人の外国人を見つけた。彼らの容貌はこの男性とよく似ていたため、2人も外国人船員である可能性が高いと思い、彼らに近づいて話しかけた。幸運なことに、このうちの1人の外国人男性は、簡単な中国語会話ができ、自分もロシアの船員だと話した。警官は、迷子になった男性と意思疎通を図れるよう、2人に協力を依頼した。

その10数分後、警官はようやく状況を把握した。道に迷った男性はやはりロシア人で、鉱石運搬船の船員という。青島港に着き、積み荷を降ろす作業を終えた後、青島の海鮮とビールが非常に美味であるという評判を耳にした。そこで、一人で飲み屋街を訪れ、なんと5時間で3リットル入りのビール樽を5本空けたという。埠頭に戻る途中で、少し飲み過ぎた思い、道端で横になった。しばらくして起き上がってから、自分が道に迷ったことに気がついたという。

このような状況が明らかになった後、協力してくれた2人のロシア人船員が、「自分たちは青島には何度も訪れていて現地の状況に詳しいので、この『迷子』の同郷者を彼の船まで送り届けましょう」と警官に申し出た。意思疎通が十分にできたおかげで、警官は速やかに迷子のロシア人船員を船まで連れていくことができた。船に戻る前に、3人のロシア人船員たちは警官に感謝の意を示した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)