銃弾が飛び交う危険な初デート (C)2016 Right Productions, LLC

写真拡大

 「ピッチ・パーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリックが主演した恋愛アクション「バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート」の劇中カットがお披露目された。ダメダメな失恋女子と伝説の殺し屋の恋物語という奇想天外なストーリーの魅力が存分に伝わるカットを確認することができる。

 「クロニクル」「エージェント・ウルトラ」などで知られるマックス・ランディスが脚本を手がけた本作は、ダメ男とばかり付き合い失恋を繰り返す女性マーサが、伝説の殺し屋であるフランシスと恋に落ちたこと機に、暗殺能力に目覚めていく姿を描く。ケンドリックが主人公マーサ、サム・ロックウェルがフランシスを演じている。

 公開された劇中カットにあって、マーサとフランシスの初デートをとらえた1枚がユニークだ。2人がロマンティックなダンスに興じているようにも見えるが、実はフランシスに向けて放たれた銃弾を避けている真っ最中。人殺しが許せず、殺人を依頼してきた者を逆に殺してしまうという風変わりなフランシスの戦闘シーンも写している。

 そして、フランシスを狙う悪役として登場するティム・ロスとRZAを写したカットも。ロスが威圧的な表情で“悪の親玉”感をかもし出し、本作への出演のためにトレードマークのあごひげを剃り落としたRZAが豪雨の中で微動だにせずマシンガンをかまえている姿を活写。伝説の殺し屋であるフランシスと相対する存在として、ただならぬオーラを放っている。

 ニコラス・ケイジ主演作「トカレフ」のパコ・カベサス監督がメガホンをとった「バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート」は、5月13日から東京新宿シネマカリテほか全国で公開。