(画像参照元:ニコンレンズウエア | スマホ専用レンズ シフトオン

カメラメーカーとして有名な「ニコン」から、スマホを快適に使うためのメガネレンズ『ニコン シフトオン』が登場しました。

スマホ画面から出ているブルーライトをカットしてくれるほか、画面を見る際の目の負担を軽減してくれます。

スマホの画面を見るときの負担を軽減

最近はスマホの画面を長時間見ている人が増えており、そのせいでピントが合いづらくなる「スマホ老眼」と呼ばれる症状を感じる人も増えています。
とくに、15歳〜24歳のメガネを使っている女性の4割がこの症状を感じているとのこと。
※眼鏡DB2016 消費者1万人アンケート調査


『ニコン シフトオン』は、長時間使用による目の負担を軽減してくれるので快適に使うことができます。
まず、スマホ画面から発せられるブルーライトをカットしてくれます。
ただカットするだけでなく、眩しさやちらつきを抑えたうえでコントラストを向上させて画面を見やすくするようです。


レンズ下部には【スマート・ブースター】という、目のピント調節にかかる負担を軽減してくれる機能を搭載しています。
ブルーライトカット、ピント調節にかかる負担を軽減、この2つの機能によりスマホを長時間快適に使えるようにしているのです。


ニコンは、自分の度数に合わせた普通のメガネレンズの代わりとしてや、コンタクトレンズを使っている人、普段メガネを使っていない人にもオススメとしています。


参考

ニコンレンズウエア | スマホ専用レンズ シフトオン長時間のスマホがより快適に!スマホ専用メガネレンズ 「ニコン シフトオン」新登場|株式会社ニコン・エシロールのプレスリリース