放送開始「推理の女王」チェ・ガンヒ&クォン・サンウが遭遇…協力関係を築いて事件を解決できるか

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「推理の女王」でクォン・サンウとチェ・ガンヒが犯罪事件の前で遭遇した。悪縁で会った2人は果たして助け合うことができるのだろうか。

5日に韓国で放送されたKBS 2TV新水木ドラマ「推理の女王」(脚本:イ・ソンミン、演出:キム・ジヌ、ユ・ヨンウン) の第1話では、推理に興味を感じるユ・ソルオク(チェ・ガンヒ) の様子と、本能的に犯人を追う刑事ハ・ワンスン(クォン・サンウ) の様子が交差しながら描かれた。

この日、平凡な主婦ユ・ソルオクの特別な能力が公開された。駄菓子屋で品物がなくなる原因を次々に暴き、これを見ていた村のホン所長(イ・ウォングン) はユ・ソルオクの能力を高く買った。

2人は共に村の事件・事故を追った。ユ・ソルオクは自身の名前はもちろん、住所も電話番号も教えず推理だけに夢中になった。2人は市場での保管箱の中身の窃盗事件を把握するために乗り出した。

ユ・ソルオクはさまざまな証拠を挙げ「これは単純な犯罪じゃない。麻薬事件だ。組織が関連しているかもしれない」と説明した。ホン所長は「これまで経験不足の私があなたの洞察力で事件を解決した。だが今回は間違っている」とユ・ソルオクの言葉を聞かなかった。しかし事件はユ・ソルオクの言葉通りになっていった。

特に二人は市場の監視カメラによく映っているハ・ワンスンを睨んだ。

ユ・ソルオクの二重生活は日が経つにつれひどくなっていった。ユ・ソルオクの浮気を疑う姑パク・ギョンスク(パク・ジュングム) は、ユ・ソルオクの後を追い、ユ・ソルオクは友達キム・ギョンミ(キム・ヒョンスク) を口実に推理と主婦生活をして来た。

麻薬事件は迷宮に入った。保管箱は全て取り換えられる予定だという。これを聞いたユ・ソルオクは「犯人を捕まえられそうよ。犯人が今日来るだろう」と述べた。ユ・ソルオクはまた事件現場に潜入した。同じ時間、刑事ハ・ワンスンも犯人を捕まえるために現場に現れ、2人は初めて顔を合わせた。2人は互いに犯人だと睨んでいた。

警察と刑事の対立が続き、一人残ったユ・ソルオクは保管箱の近くまで行ってみると麻薬を持って行く真犯人と出くわした。犯人はユ・ソルオクに刃物を振りかざし、これを見たハ・ワンスンが走り寄った。続く予告編には倒れているユ・ソルオクを抱いて歩くハ・ワンスンの様子が映り、関心を集めた。

果たして悪縁で初めて顔を合わせたハ・ワンスンとユ・ソルオクが力を合わせ犯人逮捕に成功できるのだろうか。