マスターズに挑むジェイソン・デイ【写真:Getty Images】

写真拡大

「ここに来られてうれしい」、母の手術で2週間前に大会途中棄権

 男子ゴルフの4大メジャー初戦、マスターズは現地時間6日(日本時間7日)に米オーガスタで開幕する。母が肺がんであることを明かしているジェイソン・デイ(オーストラリア)は、最愛のデニングさんが現地観戦に訪れることを待ちながらプレーするという。米テレビ局「WPEC」電子版が伝えている。

 母・デニングさんは今年初旬に肺がんであることが発覚。デイは精神的なショックを受けながら、2週間前のWGCマッチプレー(3月22日〜)に出場したが、同24日の手術に立ち会うために初日で途中棄権を決断。悲劇のリタイアは世界中で話題となり、今大会の出場が微妙となっていた。

 しかし、記事によると、手術は無事に成功。「化学療法を受ける必要がない」との前向きな知らせが届いたという。「それはデイにとって、マスターズのグリーンジャケットを目指すことができるということでもある」と記し、大会出場を伝えている。

「ここに来ることができてうれしい」と語ったというデイ。ただし、まだ求めているものがあるといい、記事では“ある願い”を明かしている。

「彼女はここに来たことがない」、医師のOK出れば観戦の可能性も

「母もここに来ることができれば、もっと素晴らしくなると思う。彼女は来たことがないんだ」

 こう話し、デニングさんが現地観戦できることを望んでいるという。記事によると「デイは飛行機の搭乗許可を待っているところ」とされており、医師のOKさえ出れば、オーガスタの地に訪れる可能性があるようだ。

 記事では、父もがんで亡くし、こうした経験がデイにコース内外ですべての瞬間を大切にすることを教えたのだろうと分析し、本人が家族への想いを明かしている。

「人は誰しも、できる時に家族のことを愛さないといけないんだ」

 優勝候補の一角にも挙がっているデイは、最愛の人をオーガスタの地に呼び、その目の前でグリーンジャケットを羽織る瞬間を見せることができるだろうか。