彼に可愛くおねだりできていますか?

可愛くおねだりされると、何でも言うことを聞いてしまいたくなるのが、男心というものです。

そんな“おねだり”で、何が重要かと言えば、「可愛い」と思われること!

甘え上手、愛され上手、そして何より、おねだり成功に繋がるのは、可愛いおねだりができるかどうかが鍵。

今回は、男性が「可愛い」と思う女性のおねだりの仕方をピックアップ。

おねだり上手になって、彼を手玉に取りましょう。

 

■そんな時だけでも可愛い!甘え声の上目遣い

普段は違っても、おねだりの時だけ甘え声になるのは、あざといですが、とっても可愛いですよ。

甘え声に加え、上目遣いで顔色を伺う素振りを見せれば、もう何も言うことありません。

男性はおねだりされると、「頼られている」と思うので、無理なおねだりでない限りは、猫なで声の甘え声でおねだりすると、彼の機嫌も良くなるかもしれませんよ。

 

■慎ましさが感じられる!表情だけでおねだり

おねだり下手でも、可愛いおねだりができるのが、慎ましい気持ちが表れる、言葉を発さない表情だけのおねだりです。

例えば、デートでショーケースの中身を欲しそうに眺めていれば、「欲しいの?」「買ってあげようか?」と、彼の手の届く範囲であれば、言ってくれることありますよね。そんな時に、何も言わなくても、嬉しい気持ちが表情に出ている彼女というのは、とっても可愛く見える瞬間なのです。

目をキラキラ輝かせ、自然と笑みがこぼれ落ちる。でも、「欲しい」とは言えない。そんな慎ましさが、言葉を発さないおねだりになり、慎ましさも相まって、あざといおねだりよりも、可愛く見えることもありますよ。

男性の好みで分かれるでしょうが、あざとくおねだりされるのを嫌う男性もいますので、その手のタイプには、慎ましさが感じられるおねだりが効果的。

 

■おねだり下手なら感謝上手になろう!

実は、可愛いおねだりができる女性よりも、可愛い感謝ができる女性の方が、男性に好まれます。

おねだり上手な方法は、「何かを買わせる」「何かをさせる」ことが目的でありますが、男性としては、「望みを叶えた俺、どう?」という気持ちの方が強いので、当然、感謝の気持ちや、叶えたことに対する愛情という対価を欲しているのです。

おねだり下手な女性は、上手な方法は理解できても、キャラ的に「したくない」と思っていることもあり、そこは頑として、今の自分を変えたくないと思っている人が多いですよね。

そんな人は、おねだり上手になれないと思っているかもしれませんが、感謝や対価の愛情を存分に注いであげることで、“その後”を期待している男性は、次も叶えてあげたいと思ってくれますよ。

本当におねだり上手な女性というのは、その後の感謝や愛情を存分に注げる女性なのかもしれませんね。

 

おねだりするというのは、一種の信頼関係を築く行為にもなります。

彼を頼っているからこそ、“おねだり”ができるのですから、可愛いおねだりで、あなたも彼も心が満たされる関係を築きましょう。

また、おねだり下手な女性は、あざとくないおねだり方法で、違ったアプローチをしてみて下さいね。

【画像】

※  clownbusiness/shutterstock

【関連記事】

※ 男をガッカリさせる!温泉旅行中の混浴でやってはいけないこと4選

※ 思わず…ギュッ♡男性が「彼女を抱きしめたくなる」瞬間

※ 可愛いなぁ〜「アラフォー男性」をドキッとさせるエロテク

※ 気合入れたのに…残念!お花見でドン引きされるNGファッション

※ マジ、ガン萎えだわ…男性が「エッチ中」にされたくないコト

※ 本気で愛している。男性が「もうこの子しかいない!」と思う瞬間