新ドラマ「サークル」ヨ・ジング&コン・スンヨンのスチールカット公開…新しいスタイルの追跡劇に関心集中

写真拡大

「サークル」ヨ・ジングとコン・スンヨンの初めての撮影スチールが公開された。

tvNのSF追跡劇「サークル:繋がった二つの世界」(演出:ミン・ジンギ、脚本:キム・ジニ、ユ・へミ、リュ・ムンサン、パク・ウンミ)(以下、「サークル」)」は、2017年と2037年の2つの時代の大韓民国を背景にしたSF追跡劇だ。タイムスリップではなく、何か異なっていながらも繋がっている2つの時代のストーリーが1話の中で展開していくいわゆる“ダブルトラック”スタイルの新しいドラマだ。特にtvNが初めて公開するSF追跡劇であり、毎回斬新な素材の作品を公開してきたtvNの新たな挑戦で、ローンチ前から多くの関心を受けている。

ヨ・ジングとコン・スンヨンは「サークル」で、2017年現在を背景に未知の存在によって起こった事件を追う。まずヨ・ジングは、誰よりも現実を熾烈に生きていく秀才大の学生キム・ウジンに扮する。そんな中、大学で謎の死が連続し、双子の兄ボムギュン(アン・ウヨン) がこの事件と関連していることを知ることになる。ヨ・ジングも兄のボムギュンによってミステリー事件の真実を追うことになる。公開されたスチールカットを見ると、ヨ・ジング特有の深い眼差しが謎めいた雰囲気を醸し出す。正面を凝視する深い眼差しがキャラクターとの深い共感を露わにしている。また自分の姿をモニターで見ている姿は、俳優ヨ・ジングの新たな演技変身に期待を持たせる。

コン・スンヨンは別名「工大の女神」と呼ばれる女子大生ハン・ジョンヨン役で登場する。大学生活で仲の良かった友達が、自ら命を絶つ悲劇的な事件が起こった中、ヨ・ジング(ウジン) と関わっていき、彼と一緒に謎の死の真相を暴いていくようになる。公開されたスチールカットでは、女子大生特有のハツラツさからミステリアスなイメージまでが共存する姿が視線をひきつける。果たして劇中、コン・スンヨンが遭遇する真実は何なのか、ヨ・ジングとの縁はどのようなストーリーを描いていくのか注目される。

「サークル」を演出するミン・ジンギ監督は、「最初の撮影からヨ・ジングの深い眼差しがミステリアスな事件に直面することになる主人公の感情と完全に一致した。コン・スンヨンも神秘的な雰囲気のジョンヨンをしっかりと表現して視線をひきつけた」と伝えた。続けて「tvN初の試みとなるSF追跡劇となるため、最善を尽くして制作している。多くの期待をお願いしたい」と初放送に向かった期待を付け加えた。

「サークル」は「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の後番組で、5月22日午後11時から初放送される。