日本は最新FIFAランクでアジア勢で3位に。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 FIFA(国際サッカー連盟)は6日、最新のFIFAランキングを発表した。前回1位のアルゼンチンは、ひとつランクを落として2位に。変わって1位に立ったのは、前回2位のブラジルだ。
 
 一方、日本は44位で前回から7ランクアップ。アジア勢では28位のイランがトップで、続いて韓国が43位に入った。日本以下の主なアジア勢は、50位オーストラリア、52位サウジアラビア、60位ウズベキスタン、74位UAEとなっている。
 
 最新のFIFAランキングは以下のとおり。
 
1位 ブラジル
2位 アルゼンチン
3位 ドイツ
4位 チリ
5位 コロンビア
6位 フランス
7位 ベルギー
8位 ポルトガル
9位 スイス
10位 スペイン
11位 ポーランド
12位 イタリア
13位 ウェールズ
14位 イングランド
15位 ウルグアイ
16位 メキシコ
17位 ペルー
18位 クロアチア
19位 エジプト
20位 コスタリカ
……………………
28位 イラン
43位 韓国
44位 日本
50位 オーストラリア
52位 サウジアラビア
60位 ウズベキスタン
74位 UAE