日産の「アラウンドビューモニター」、フォルクスワーゲンの「サラウンドアイ」など自動車メーカーにより呼び方は異なりますが、クラリオンやソニーなどが業界をリードしてきた俯瞰映像(合成)を含む全方位の駐車アシスト機能が普及しつつあります。

1

カナック企画が4月5日に発売した「サテライトビューカメラ」の「SV-Y001」は、第1弾がトヨタ・アルファード用。なお、第2弾であるトヨタ・ヴェルファイア用も近日発売予定としています。

前後左右のカメラ映像を合成し、俯瞰映像を含めた周囲の状況を把握する「全方位駐車アシスト機能」は、メーカーオプションやディーラーオプションでしか装着できず、高額な場合も多いのが一般的でした。

さらに、メーカーで指定されたカーナビを選択する必要があり、お気に入りの市販カーAVを装着することができませんでした。

今回発売された「サテライトビューカメラ」を取り付けることで、バックカメラ入力(RCA)がある市販カーナビであれば、全方位駐車アシストの機能を追加することが可能になります。

第1弾のアルファード用は、専用設計された部品を車両に装着することで、純正品のようなフィット感を実現。全方位駐車アシスト機能で俯瞰映像を見ながら安全に駐車することができるようになり、ナビ選びの自由度が広がるのが魅力です。

機能としては、市販カーナビ(カーAV)のバックカメラ画面を2分割し、俯瞰映像とカメラ映像を映すほか、シフトレバーのR(リバース)と連動。さらに、専用スイッチを押せば前後左右それぞれのカメラ映像を映すことができます。

第1弾のアルファードは、平成27年1月〜現在までの年式、オーディオレスに対応(アルファード ハイブリッドおよび大型コンソール付車は未調査)。価格はオープンで、全国のディーラーやカー用品店で発売されます。

(塚田勝弘)

市販ナビに全方位駐車アシスト機能を後付けできるキットが登場(http://clicccar.com/2017/04/06/460705/)