キヤノン、撮影倍率等倍でマクロ撮影が可能なLEDライト内蔵「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」を発売

写真拡大 (全2枚)

キヤノンは、撮影倍率等倍でマクロ撮影ができる小型・軽量のLEDライト内蔵マクロレンズ「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」を2017年5月下旬より発売する。希望小売価格は税抜55,000円。

EF-S35mm F2.8 マクロ IS STMは、開放絞り値F2.8の明るさを持ち、被写体を等倍の大きさで撮影できる小型・軽量のマクロレンズ。「EF-Sレンズ」シリーズとして初めて内蔵するLEDライトにより、手軽にライティングしながら撮影が可能。被写体に接近して等倍でマクロ撮影ができるため、肉眼ではとらえることが難しい身の回りの小物や花などの質感や細部を表現できるとしている。

両側点灯と片側点灯の選択や、明るさの強弱の切り替えができるLEDライトにより、小物や植物、料理といったさまざまな被写体を明るく照らしたり陰影や立体感をつけたり、ライティングを工夫しながらマクロ撮影を楽しむことができる。角度ブレに加えてシフトブレも同時に補正可能な「ハイブリッドIS」を搭載しているので、三脚の立てられない場所や薄暗いシーンでもブレの少ないマクロ撮影が行える。