【ソウル聯合ニュース】国際サッカー連盟(FIFA)が6日に発表した最新の世界ランキングによると、韓国は前月から3ランク下落の43位となった。
 韓国代表は先月23日、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選A組の第6戦で中国に1―0で敗れた。
 アジア勢では28位のイランに次いで2番目。日本(44位)、オーストラリア(50位)などが続いた。北朝鮮は115位だった。
 ブラジルが2010年5月以来、6年11カ月ぶりの世界1位。2位はアルゼンチン、3位はドイツだった。
yugiri@yna.co.kr