6日、米国のシンクタンクはこのほど、北朝鮮が30日以内に別のミサイルを試射する可能性は78%あると指摘している。資料写真。

写真拡大

2017年4月6日、米国のシンクタンクはこのほど、北朝鮮が30日以内に別のミサイルを試射する可能性は78%あると指摘している。韓国KBSワールドラジオの中国語ニュースサイトが伝えた。

北朝鮮は5日、新型中距離ミサイル「北極星2」(KN−15)と推定される弾道ミサイルを発射した。

ワシントンを拠点とする戦略国際問題研究所(CSIS)は同日発表したリポートで、過去の核実験とミサイル実験に関する大規模なデータ分析に基づき、北朝鮮が今後30日以内に別のミサイルを試射する可能性は78%あるとし、14日以内に試射する可能性については55%とした。

CSISは、6日からの米中首脳会談で北朝鮮問題が主要議題になること、米韓合同軍事演習が今月末に終了することなどから、北朝鮮が今月中に再び挑発行為に出る可能性があるとし、4月15日の太陽節(金日成主席の生誕記念日)に合わせる可能性が高いとしている。北朝鮮は昨年の太陽節にミサイルを発射しており、2012年4月15日の金日成主席生誕100周年記念の軍事パレードで新型の大陸間弾道ミサイルを初公開している。(翻訳・編集/柳川)