ジャスティン・ビーバー、【パーパス・ツアー】の総収益が約220億円! 最新ツアー・ランキング首位に

写真拡大

 2年目に突入したジャスティン・ビーバーの【パーパス・ワールド・ツアー】だが、2017年に開催した10公演の収益が4,000万ドル(約44億円)だったことが分かった。これにより、2016年3月に開始したツアーの総収益は約2億ドル(約220億円)になった。過去1年間に世界中で行なわれてきた122公演で220万枚以上のチケットが売れたことになる。

 【パーパス・ワールド・ツアー】は2016年3月9日に米シアトルで開幕し、11月まで北米と欧州の82都市を回り、米ビルボードによる年間TOP25ツアー・ランキングで5位を記録した。2017年は2月15日にメキシコ・モンテレイから再開し、主に中南米とオセアニアを回る日程となっている。今年開催した10公演の収益4,000万ドルにより、ジャスティンは4月4日付の最新“Hot Tours”ランキングの首位に立った。今年のチケット・セールスは約46.6万枚に上っている。

 2月15日にモンテレイで2017年の初日を迎えたツアーは、2月18日、19日、21日にメキシコ・シティのフォロ・ソルで行われた公演の合計が940万ドル(約10億円)に上り、本ツアー開始以来最高の収益を記録した。また、フォロ・ソルで行われたライブとしても5番目に多い興行収入であることが、1990年まで遡る米ビルボード・ツアー・チャート“Boxscore”のデータから判明した。ジャスティンの上にはローリング・ストーンズ(2016年)、マドンナ(2008年と2012年)、そしてコールドプレイ(2016年)しかいない。

 3月にはオーストラリアとニュージーランドの5都市(パース、メルボルン、ブリスベン、シドニー、オークランド)で公演を行い、約22.1万人の動員を記録した。現在彼は再び南米に戻り、4月24日まで公演を行う予定だ。


◎“HOT TOURS”ランキング 2017年4月4日付(3月28日〜4月3日)
(アーティスト名 / 総収益 / 集計日程 / 動員数(キャパ))
1位 ジャスティン・ビーバー / 40,209,382ドル / 2017年2月15日〜3月23日 / 466,009人(466,009人)
2位 エリック・クラプトン / 7,454,614ドル / 2017年3月19日〜20日 / 30,826人(30,826人)
3位 エルトン・ジョン / 4,225,478ドル / 2017年3月7日〜21日 / 37,220人(37,590人)
4位 アリアナ・グランデ / 3,874,234ドル / 2017年2月23日〜3月24日 / 39,848人(39,848人)
5位 ディクシー・チックス / 2,317,180ドル / 2017年3月25日〜29日 / 21,635人(22,194人)
6位 パニック!アット・ザ・ディスコ / 1,905,908ドル / 2017年3月2日〜25日 / 36,818人(37,117人)
7位 ビリー・ジョエル / 1,751,359ドル / 2017年3月24日 / 14,335人(14,335人)
8位 ザ・ルミニアーズ / 1,433,882ドル / 2017年3月22日〜25日 / 30,973人(30,973人)
9位 グリーン・デイ / 1,362,951ドル / 2017年3月22日〜23日 / 28,011人(28,011人)
10位 イル・ヴォーロ / 1,134,395ドル / 2017年3月4日〜23日 / 12,709人(14,414人)