「山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章」よりハリー杉山出演シーン

写真拡大

 映画ファンには『ハリー・ポッター』シリーズのテレビ放送時のナビゲーターとしての印象も強い、タレントのハリー杉山(32)が「山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章」(フジテレビ系)でドラマデビュー。さらに17日から開始する相葉雅紀主演の月9ドラマ「貴族探偵」で、月9デビューも果たすことが明らかになった。

 イギリス人の父と日本人の母の間に生まれたハリーは、先祖にプランタジネット朝の第5代イングランド王エドワード1世を持ち、イギリス貴族の血をひいている貴族の末裔。英語、フランス語、中国語、日本語の4か国語を話すことができ、11歳から18歳までイギリスに在住。学生時代からイギリス王室のウィリアム王子をはじめ貴族と交流を持つという華麗な経歴の持ち主で、エルメス、ルイ・ヴィトンなどのファッションモデルも務めてきた彼だが、意外にもドラマ出演は今回が初とのこと。

 「女の勲章」では、松嶋菜々子演じるヒロイン・大庭式子を支える繊維会社の特派員・園田役で出演。世界を代表するデザイナーと契約しにパリへ向かった式子の通訳として、流ちょうなフランス語を披露するという。また「貴族探偵」では第1話のゲストとして出演し、日本有数の財閥グループのパーティーに招かれ、そこで殺人事件に遭遇してしまう会社員にふんするとのこと。

 初のドラマ出演に、ハリーは「青天の霹靂(へきれき)です。自分の耳を完全に疑いました。興味はあってもモデル時代はお芝居のオーディションは挫折のみ。要するに経験がまったくない完全なる初心者です」と謙遜。役づくりには真剣に取り組んでいたようで、「不器用な自分が何をできるか考え、原作を読み、仲の良い役者の方々からアドバイスをいただき、忘れかけていたフランス語もフランス人の知人のクロワッサンを食べる仕草から勉強し、現場に挑みました」と明かしている。

 また「初のドラマ出演はとことん楽しく光栄で、“新しいページをめくれた、今後自分のキャリアにおいて大事なターニングポイント”と感じています」と気合も十分のよう。さらに月9出演については、「ずっとお芝居と無縁だった男が……『女の勲章』……からの月9……しかも30周年を記念する作品の第1話なんて……数秒絶句した後……身を引き締めて本屋に走り原作を買いました」とも語っていた。(編集部・井本早紀)

「山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章 第一夜」は4月15日午後9時〜11時25分、「山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章 第二夜」4月16日午後9時〜11時24分にフジテレビ系で放送
ドラマ「貴族探偵」はフジテレビ系で4月17日スタート(毎週月曜午後9時〜9時54分放送)