昨年覇者の菊地絵理香、入念にコースの感触を確かめた(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<スタジオアリス女子オープン 事前情報◇6日◇花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース(6,293ヤード・パー72)>
先週を休養に充てた「スタジオアリス女子オープン」の昨年覇者・菊地絵理香。「体調も良いですし、ゴルフもまあまあ良い感じですね」。今季はすでに1勝を挙げており、いい流れでこの試合に臨むことができそうだ。
振り袖姿も披露!オフショット充実の菊地絵理香フォトギャラリー
先週は「映画を観たり、あとはゴロゴロしていました。以前休みにトレーニングをしすぎて筋肉痛が酷かったことがあったので」、ゆっくりと体を休めたという。気になる観賞した映画は『キングコング: 髑髏島の巨神』。「行って何か見ようと思って、たまたま時間があったので」、このタイトルをチョイス。「普段は邦画ばかり」という菊地、洋画を選ぶことは珍しいという。なお、ゴルフに繋がるようなことは「特に何もなかったです(笑)」だそうだ。
今年のコースは「グリーン周りが難しくなっている。昨年に比べるとアプローチがしづらいので、状況によってはパターもあるかなと」。グリーンを外さず、着実にパーオンさせることが勝負のキーとなりそうだ。「コースは好きです。難しいですし、頭を使う。やりがいがあるので」、難易度が上がったことも歓迎していた。
今季の目標は「複数回優勝と公式戦(メジャー)で勝つこと」。連覇で2勝目となるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ツアー写真からオフショットまで充実!女子プロ見るなら写真館でどうぞ!
菊地絵理香が日本勢の連敗を“8”で止める「いい意味で危機感を持って」
流れを呼び込める、菊地絵理香のショット力【辻にぃ見聞】
【ピックアップ女子プロフォト #4】キム・ハヌルの笑顔
流行の気配?パター用カーボンシャフトで何が変わるのか