2017年 SUPER GTプレビュー@GT500編

 4月8日〜9日、日本最高峰のレースであるスーパーGTシリーズが岡山国際サーキットで開幕する。今年も「GT500」「GT300」の2クラス合わせて40台以上がエントリーしているが、そのなかでもホンダ、日産、レクサス(トヨタ)が専用マシンを開発して参戦するGT500クラスの勢力図は、昨年よりも大きく変わることになりそうだ。


昨年王者の「DENSO KOBELCO SARD LC500」 2014年からGT500クラスでは、ドイツツーリングカー選手権と車両規則を統一した。これにより、3メーカーとも新しいマシンを用意して参戦している。2014年、2015年は松田次生/ロニー・クインタレッリ組の「MOTUL AUTECH GT-R」が2年連続でシリーズチャンピオンを獲得したのをはじめ、日産勢がGT500クラスで大活躍。2016年はチャンピオンを逃したものの、3年間で開催された全24戦中12勝を挙げた日産勢が「最強の名」をほしいままにしていた。

 ところが2017年は、車両レギュレーションなどが大幅に変更された。年々加速するスピード競争に歯止めをかけるためである。その結果、前後の空力パーツのサイズ等を変更したことによって、昨年までのマシンと比べてダウンフォースは約25%ダウンとなった。異常なまでの速さを見せていたコーナリングスピードは落ち、ラップタイムも遅くなると予想されている。

 また、年間で使用できるエンジン数も、昨年までの3基から今年は2基に変更。年間8戦の半分にあたる4戦をひとつのエンジンで乗り切らなければいけない。ただ、8月下旬に鈴鹿サーキットで行なわれる第6戦は通常より長い1000kmレースとなるため、第5戦までを1基目のエンジンで戦おうと考えているチームもあるようだ。

 いずれにしても、エンジンに関してはパワー競争が激化しているなかで耐久性の向上も求められており、その出来がレースの結果を大きく左右することになるだろう。

 これらのレギュレーション変更により、各メーカーとも新しいマシン開発に着手している。レクサスは新型車種である「LC500」をベースにマシンを用意し、ホンダは今年2月から発売開始となった新型「NSX」がベース、日産は大きくマイナーチェンジされた「GT-R」をベースに参戦車両を開発してきた。

 3社ともに昨年11月にはマシンをお披露目し、それぞれテスト走行を開始。冬の間は各メーカーが独自の日程でテストをしていたために全体の位置関係が掴めなかったが、3月に岡山国際サーキットと富士スピードウェイで行なわれた公式合同テストで、だいたいの勢力図が見えてきた。

 3月18日〜19日に行なわれた岡山国際サーキットでの今季最初の公式合同テスト。GT500クラスは参戦全15チームが参加した。

 ここで速さを見せたのは、LC500を導入したレクサス勢だ。2日間で合計4回のセッション(走行枠)が設けられていたが、そのすべてでレクサスのマシンがトップタイムを記録。また、3月25日〜26日の富士スピードウェイでの公式合同テストでも、25日のセッションでは午前・午後ともに上位5台がすべてレクサス勢という結果になった(26日は降雪により走行中止)。

 スーパーGTの場合、各メーカーやチームごとでさまざまなテストプログラムをこなしているため、一概にラップタイムだけで判断することはできない。だが、ここまでの流れを見ると、レクサスが頭ひとつ抜け出ていることは明白だろう。実際に富士のテストでも、セッション序盤の段階からトップにはレクサスのマシンが常につけているという状況が見られた。展開次第では、開幕戦の岡山ではレクサス同士がトップ争いを演じそうだ。

 岡山国際サーキットでの開幕戦を振り返ると、過去5年のうちレクサス勢が3勝と相性もいい。さらにレクサス勢各チームのラインナップを見ても、誰が優勝してもおかしくないメンバーばかりだ。そのなかでも注目が集まっているのは、昨年チャンピオンを勝ち取ったヘイキ・コバライネン/平手晃平組の「DENSO KOBELCO SARD LC500」だろう。

 昨年はシーズン初めに元F1ドライバーのコバライネンを中心とした体制に変更したことがうまく機能し、優勝1回、2位表彰台が3回、そしてポールポジション2回と、シーズンを通して安定した強さを発揮。チームに念願の初タイトルをもたらした。今季開幕に向けての仕上がりも上々で、テストでも好タイムを連発している。

 参戦3年目となるコバライネンは、「昨年よりずっと自信を持ってシーズンを迎えることができる」とコメント。平手は新マシンのパフォーマンスに自信を見せており、「昨年までと比べてダウンフォースが25%削減されていますが、それをあまり感じさせないようなマシンの出来になっています。開幕しないとライバルとの位置関係はわかりませんが、すごくいいクルマに仕上がっていますね」と、開幕前の早い時期から手応えを感じている。

 この他にも、「au TOM’S LC500」には中嶋一貴が2014年以来となるGT500復帰を果たし、今年からレッドブルの大きなロゴがボディに描かれて話題となっている「KeePer TOM’S LC500」も岡山テストでトップタイムを記録するなど、今年参戦する6台のレクサスチームすべてに優勝のチャンスがありそうな仕上がりとなっている。

 もちろん、ライバルであるホンダ、日産の両陣営もこのまま黙っているはずがない。開幕戦までに何らかの対策は施してくることは間違いないだろう。どのようにしてレクサス勢に追いつき、追い越していくかという部分も、開幕戦の注目ポイントとなりそうだ。

 プレシーズンではレクサスが完全に先行した格好だが、シーズンが始まってレースが進んでいくうちに、どのように勢力図が変わっていくのか――。注目のスーパーGT第1戦は、まもなく幕を開ける。

■モータースポーツ 記事一覧>>