© 2017 Twitter, Inc. 以下同じ

通信速度が遅いとき、使い過ぎて通信速度が制限されたとき、通信量を節約したいときに便利なのが新たに登場した『Twitter Lite』です。

ブラウザから使う軽量版のTwitterで、通信量を減らすための工夫が盛り込まれています。

こちらもご覧ください。
Twitterが「卵アイコン」廃止、その理由とは?

Twitter Liteとは

通信速度が遅かったり、通信が不安定だったりする環境でもTwitterを快適に使えるように設計されたのがTwitter Liteです。

従来のブラウザ版に比べ、表示までの時間・反応時間を最大30%高速化。データ通信量は最大70%減らせる、と発表されています。

Twitter Liteの使い方

SafariでTwitterのウェブサイトを開き、ログインしましょう。

https://mobile.twitter.com/

画面左上にあるプロフィールをタップ。


【データセーブ】をタップしましょう。


「データセーブ」と「タイムラインの画像プレビューをオフにする」の右側にあるチェックボックスをタップし、チェックを入れます。


これでTwitter Liteに切り替わります。

この状態ではタイムライン上に、ツイートに添付された画像や動画は表示されません。

「タイムラインの画像プレビューをオフにする」のチェックを外すと、ぼかしたプレビューで表示されます。タップすると読み込むので通信量を抑えられます。


Android版Chromeで利用する場合、オフラインでも使えたり、プッシュ通知を受け取ったりできますが、残念ながらiPhone版Safariでは利用できないようです。

サクサク使えるので、Twitter公式アプリが重いとき・通信量を節約したいときに重宝しそうです。ぜひ1度お試しください。

参考

Introducing Twitter Lite | Twitter Blogsmobile.twitter.comについて(スマートフォン&タブレット) | Twitterヘルプセンター