世界ランク49位の大坂なおみ【写真:Getty Images】

写真拡大

3回戦は世界52位のロジャース、地元出身で“アウェー”必至

 女子テニスのボルボ・カーズ・オープン(米チャールストン、クレー)は5日(日本時間6日)、シングルス2回戦が行われ、世界ランク49位の大坂なおみが第13シードのザン・シュアイ(中国)を6-4、6-4のストレートで下し、初の16強進出を決めた。世界ランク52位のシェルビー・ロジャース(アメリカ)と対戦するが、大坂は“難敵”を相手にして「長期戦にはしたくない」と語っている。WTA公式サイトが伝えた。

 3年連続出場した同大会で、日本の19歳は初の3回戦に駒を進めた。8強入りをかけて戦うロジャースは世界ランクでは52位と大坂がわずかに上位だが、かなりの難敵だ。

 2回戦で第1シードのマディソン・キーズ(アメリカ)から金星を挙げ、勢いに乗っている。しかも、チャールストンの地元選手である。

 記事では、試合後に観衆の前でインタビューを受けたロジャースは「言葉にならない。ここで何年もプレーしているけど、いつだって簡単ではなかった。この観衆の前で、多くのことを学び、成長してきた。とても特別です」と涙ながらに語ったという。

 地元の大声援を受けるのは、大坂戦も大きな後押しになるだろう。

直接対決ではロジャースの2戦2勝「長期戦にはしたくない」

 さらに、直接対決ではロジャースの2戦2勝と大坂の分が悪い。

「シェルビー(ロジャース)はクレーが得意な選手。長期戦にはしたくない」という大坂のコメントを紹介した記事では「(2回戦の)勝利にも関わらず、大坂はクレーコートへの適応に苦戦していることを認めた」と記載し、クレーが弱点であると分析している。

「2本コーナーに打ち込んで、そして、強打で決めにいく。これが私の試合運びの基本です」

 ゲームプランを描いた大坂は「クレーでは、より重い一打を打ち込む必要があるし、ポイントを巡って長い戦いになる。ここのところ経験していないので、まだ適応途中です」と語ったという。

 相手に大声援が送られる“アウェー”のムードの中、得意とは言えないクレーコートでどんな戦い。「2つの敵」をはねのけ、大阪は8強切符を手に入れることができるだろうか。