23畳まで対応する強力な除湿性能と上下稼働ルーバーで素早く乾燥

写真拡大

生活家電などを手がけるアイリスオーヤマは「空気清浄機能付除湿機 DCE-120」を2017年4月7日に全国の家電量販店およびホームセンターなどで発売する。通常時は空気清浄機としてリビングなどに設置でき、部屋干しなどの際に除湿機としても使える"1台2役"をこなす。

「HEPAフィルター」で花粉やハウスダストを集じん

23畳まで対応の高い除湿性能を備え、梅雨など湿度の高い時期の部屋干しでも短時間で乾燥できるという。また底部にキャスターを装備し、洗濯物を干す場所への移動が容易で、様々な使用環境に対応する。

適応畳数17畳の空気清浄機能では、0.3マイクロメートルのホコリやチリを99.97%捕集できるという「HEPAフィルター」を採用し、花粉やハウスダストなどをしっかり集じん。

前面に空気の汚れ具合を5段階で確認できる大型インジケーターを備える。

操作パネルは触れるだけで軽快に操作できる静電スイッチを採用。選択中のモードを案内するアイコンや室内の湿度が光って表示され、ひと目で運転状況を把握できる。

参考価格は3万9800円(税別)。