【質疑応答】ドイツとの親善試合に向けてマルセロ・メンデス監督「選手たちは選ばれるかどうかというプレッシャーを感じずに良いパフォーマンスが出せる」《ビーチサッカーW杯バハマ2017》

写真拡大

▽日本サッカー協会(JFA)は6日、今月15日、16日に沖縄県で行われるビーチサッカー国際親善試合のビーチサッカードイツ代表戦と、今月27日から5月7日まで開催されるビーチサッカー・ワールドカップ(W杯)バハマ2017に出場するビーチサッカー日本代表メンバーを発表した。

▽会見に出席したビーチサッカー日本代表を率いるマルセロ・メンデス監督が、記者からの質問に応えている。

――先行の中で悩んだ部分と、ドイツとの親善試合で確認すべきところは

「まずはドイツとのことをお話しします。非常に大事な2試合になると思っています。12人が決まり、選手たちは選ばれるかどうかというプレッシャーを感じずに良いパフォーマンスが出せるでしょう。前回の大会が終わってこの2年間でいろいろな大会に出て試合をしました。その中で選手たちを試してきましたが、この12人はこの2年間で見てきたメンバーたちです」

――アジア予選では厳しい戦いだったなか、これからの合宿でどこを修正したいか

「今回の予選は非常に厳しい試合でした。個人的にカタール、イラクと対戦し最後のUAE戦は楽な試合になるとの思いでピッチに入ったことがいけませんでした。それがなければ良い試合をして勝てたと思います」

「1位通過でグループステージを勝てていれば、厳しい予選にはなっていなかったでしょう。それが今回の予選では3位通過となり、その結果、W杯は厳しいグループになりました。それによって、W杯は最後の試合だけでなく、1試合目から全ての試合で強いチームと当たります」

「1試合目から集中しなければいけないですが、厳しい予選になって良かったとも思います。この間まで、横浜で合宿をしていました。そのキャンプの目標はフィジカル強化です。戦術もやりながら第一目標はフィジカルでした。フィジカルコーチも良い仕事をしてくれたと思います。沖縄でも良い準備をしてW杯に向かいたいと思います」