【メンバー意気込み】キャプテンを務める茂怜羅オズ「チームのみんなで力を合わせて、良い結果を出せるように」《ビーチサッカーW杯バハマ2017》

写真拡大

▽日本サッカー協会(JFA)は6日、今月15日、16日に沖縄県で行われるビーチサッカー国際親善試合のビーチサッカードイツ代表戦と、今月27日から5月7日まで開催されるビーチサッカー・ワールドカップ(W杯)バハマ2017に出場するビーチサッカー日本代表メンバーを発表した。

▽会見にはW杯に出場する日本代表メンバーも登壇。優勝が期待される今大会に向けた意気込みを口にした。

◆ビーチサッカー日本代表メンバー

NO.1 GK

照喜名辰吾(琉球エリスリナ)

「W杯のグループが決まり、ブラジル、ポーランド、タヒチといったかなりの強豪と戦うことになります。正直に、自分たちは優勝、一番上を目指しているので最終的には当たるチームです。早く当たるか、後に当たるかは問題ないので、先に叩き潰して勝っていきたいと思います。目指すは優勝です。よろしくお願いします」

No.2 FP

鈴木将人(東京レキオスBS)

「ビーチサッカー普及のためにも良い結果を残したいと思っています。応援よろしくお願いします」

No.3 FP

原口翔太郎(東京ヴェルディBS)

「自分の長所を試合に出して、チームの勝利に貢献できるよう頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

No.4 FP

山内悠誠(琉球エリスリナ)

「ビーチサッカーは優勝が一番近いと思っています。グループに関係なく優勝を期待してもらい、僕らはそれを現実に見てこれから一戦一戦を戦っていきますので、応援よろしくお願いします」

No.5 FP

飯野智之(ドルソーレ北九州)

「初戦に向けて最高の準備をして、全力で望みたいと思います。応援よろしくお願いします」

No.6 FP

小牧正幸(ヴィアティン三重BS)

「親善試合とW杯、1試合ずつ全力で戦っていきたいと思います。見ている人たちが楽しい、やってみたいと思ってもらえるように、チーム一丸となって戦っていきます。よろしくお願いします」

No.7 FP

田畑輝樹(ヴィアティン三重BS)

「今回で7回目です。今まで以上に強い気持ちで、たくさんの方に応援や期待してもらっているので、それに応えられるように強い気持ちで挑みたいと思います。応援よろしくお願いします」

No.8 FP

大場崇晃(東京ヴェルディBS)

「まずはこのメンバーに選出されて光栄に思います。今大会は個人的に2度目の大会です。前回以上に強い気持ちを持って、たくさんの思いを背負って全力でプレーしていきたいと思います。応援よろしくお願いします」

No.9 FP

赤熊卓弥(ドルソーレ北九州)

「W杯では優勝目指して、チーム一丸となって戦っていきたいと思います。応援よろしくお願いします」

No.10 FP

茂怜羅オズ(東京ヴェルディBS)

「W杯に向けて、キャプテンとしてチームのみんなで力を合わせて、良い結果を出せるように頑張ります。よろしくお願いします」

No.11 FP

後藤崇介(東京ヴェルディBS)

「僕は3回目になります。前回はポルトガルでイタリア戦に負けた後、ホテルに帰って監督や選手とミーティングして、ほとんどの選手が大泣きしていました。その映像が毎日毎日、この2年間、忘れられなかったです。この気持ちが後1カ月後に晴らすことができるということでワクワクしています。頑張ります。応援よろしくお願いします」

No.12 GK

河合雄介(東京ヴェルディBS)

「小さい頃の夢だったW杯出場が叶って嬉しく思います。グループは厳しいですが、チームで一丸となってどの国にも勝てるように、良い結果を残していきたいと思います。よろしくお願いします」