皆が待望するメジャー初優勝をこのオーガスタで挙げられるか(撮影:上山敬太)

写真拡大

<マスターズ 事前情報◇6日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>
いよいよ本日6日(木)の深夜に米国男子メジャー初戦「マスターズ」が開幕する。世界を代表するプレーヤーがオーガスタに集結しているが、世界ランキング4位の松山英樹は「マスターズ」でメジャー制覇を果たせるか。過去のデータを紐解き、可能性を探った。

同一コース開催であるため、「経験豊富なベテランが有利」、とは言い切れない。過去10年の優勝者を見ると、「マスターズ」初優勝者は8人。その内、09年のアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)を除き、7人がメジャー初優勝をこのオーガスタで挙げているのだ。
それにはタイガー・ウッズ(米国)の低迷が大きく関わっている。ウッズが97年に「マスターズ」で自身初のメジャー制覇を果たしてから08年までの全48メジャー大会中初優勝者は22人で割合は45.8%。しかし、ウッズが08年の「全米オープン」で最後のメジャー優勝を遂げて以降、09年からは全32メジャー大会中21人が初優勝。その割合は65.6%と近年は約20ポイントも割合が上昇。いかにウッズがゴルフ界に与えていた影響が強かったかを物語っている。
更に、07年のザック・ジョンソン(米国)、08年のトレバー・イメルマン(南アフリカ)、09年のカブレラと、それぞれ世界ランキング56位、29位、69位と3年連続で“伏兵”が優勝を果たした。しかし、過去5年間では大番狂わせはなく順当に実力者が勝利を掴んでいる。12年のバッバ・ワトソン(米国)が同ランク4位、13年のアダム・スコット(オーストラリア)が7位、14年のバッバが12位、15年のジョーダン・スピース(米国)が4位。そして、昨年はダニー・ウィレット(イングランド)の優勝に驚かされた人も多いかもしれないが、当時ウィレットのランクは12位と、何ら意外な結果ではなかった。
以上2点の事実が、松山英樹の「マスターズ」制覇を大いに後押ししているように思う。ただし、世界ランク7位のジャスティン・トーマス、同8位のリッキー・ファウラー(共に米国)、悲願のメジャー制覇を目指す同11位のセルヒオ・ガルシア(スペイン)など初Vを狙うライバルも多いだけに、松山の奮起に期待したい。
【過去10年のマスターズ優勝者】
07年:ザック・ジョンソン
08年:トレバー・イメルマン
09年:アンヘル・カブレラ
10年:フィル・ミケルソン
11年:チャール・シュワ―ツェル
12年:バッバ・ワトソン
13年:アダム・スコット
14年:バッバ・ワトソン
15年:ジョーダン・スピース
16年:ダニー・ウィレット
【メジャー未勝利の世界ランク上位選手】※()内は世界ランキング
松山英樹(4)、ジャスティン・トーマス(7)、リッキー・ファウラー(8)、アレックス・ノレン(10)、セルヒオ・ガルシア(11)、ジョン・ラーム(12)、パトリック・リード(13)、タイレル・ハットン(15)、ポール・ケーシー(16)、ブランデン・グレイス(20)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

マスターズの象徴 知られざるグリーンジャケット物語
緑を彩る花がないオーガスタ 雷雲、竜巻、強風予報で今年は波乱の年?
「状態は落ちている」マスターズ開幕まで2日 松山英樹はショット力の回復が待たれる
レジェンド2人の優勝予想は?プレーヤーは松山に「日本の悲願、期待している」
ダスティン・ジョンソン、ジェイソン・デイ、ジョーダン・スピース、谷原秀人のクラブを筒康博氏が大診断【前編】