写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドウシシャは6日、SANSUIブランドの43V型3波液晶テレビ「SCM43-BW1」を発表した。4月中旬から発売する。価格はオープン、推定市場価格は70,000円前後(税別)の見込み。

地上/BS/110度CSデジタルチューナーを各2基搭載する43V型の液晶テレビ。メインボードに東芝映像ソリューション製のものを使用し、製品の評価や品質管理、生産時の工程管理は、福井県越前市に拠点を置く品質管理専門チームで実施。さまざまな部分で日本設計にこだわった製品となっている。

外付けUSB HDDの接続が可能で、番組録画と裏番組録画に対応。SD(標準画質)信号を精細に表現する超解像技術「美・彩・細エンジン」に加えて、超解像処理レベルを自動調整する「ピクチャーエンハンサー機能」を装備。超解像処理レベルはユーザーによる手動調整も可能となっている。ブルーライトを低減する「ブルーライトガード機能」も搭載。

音響面では、和紙素材の独自開発W-RPMスピーカーを内蔵。そのほか、一週間先の番組表を一画面で表示す週間番組表や、番組録画の際にCMの開始・終了を自動検出してチャプター(区切り)マークを設定する自動チャプター機能などを持つ。本体サイズはW970×D203×H614mm、重量は10.3kg。

(リアクション)