「青い海の伝説」チョン・ジヒョン“イ・ミンホは大スターなのにとても優しくて純粋な心の持ち主”

写真拡大 (全5枚)

チョン・ジヒョンが「星から来たあなた」を手がけたパク・ジウンと再タッグを組んで韓国の視聴者を釘付けにしたドラマ「青い海の伝説」。本作がいよいよ日本で放送が開始となった。チョン・ジヒョンの、第一子出産後の復帰作として話題を呼んでいたドラマだったが、そのような前情報すら吹き飛ばしてしまうほど、皆がイ・ミンホ扮するホ・ジュンジェとの恋の行方に夢中になった。人魚を演じたチョン・ジヒョンの本作への思いを語ってもらった。

―3月より日本のCS衛星劇場にて「青い海の伝説」の放送が開始されます。今作が日本で放送される感想は?

チョン・ジヒョン:今作は、韓国で良い評価を得ることができたドラマなので、日本の皆さんにも気に入っていただけると嬉しいですね。

―今作の製作発表会の時に「星から来たあなた」の作家であるパク・ジウンさんとの相性が良かったため、出演を決心したとおっしゃっていましたが、パク・ジウン作家とはどういった面が合うと思われますか。

チョン・ジヒョン:「星から来たあなた」でチョン・ソンイ役を演じながら“ジウン作家さんとは何か通じるものがあるな”と何度も感じたんですよ。言葉で表現するのは難しいのですが、ジウンさんが頭の中で描いていることを、台本を読むと同時に理解できる感じですね。韓国のドラマは、あらかじめ撮影して放送されるのではなく、まるでライブのように、今週撮影したものが翌週に放送されるスタイルなんです。そのような制作環境で撮影しているため、作家さんと個別でお話をする時間をなかなか取ることができなかったのですが、台本を見てチョン・ソンイをどう演じればいいのか、作家さんとお話をしなくても理解することができたんです。そういった部分から、ジウン作家さんとは相性が良かったなと感じましたね。

―パク・ジウン作家の魅力を挙げるとしたら?

チョン・ジヒョン:パク・ジウン作家の作品のヒロインはとても魅力があり、本当に面白いんですよ。愛らしい一面もありますしね。実はご本人に初めてお会いした際、役柄と同じような印象を受けたんですね。ドラマのキャラクターを見てもお分かりいただけると思いますが、 女性としても、とても魅力のある方です。

シムチョンと似てる点…「私と同じで本能が強いタイプ」

―人魚の演技をするために、水泳など特別に準備したことがあったら教えてください。

チョン・ジヒョン:やっぱり水中での撮影が多いので、スキューバーダイビングから始めて、素潜りなどの練習をたくさんしました。訓練しているうちに資格も取得して、ある程度の実力を身に付けて水中撮影を行ったので、思っていたよりも容易く臨むことができました。

―泳ぐ姿が本当に優雅で美しかったです。

チョン・ジヒョン:実は私も画面を通して、モニタリングした時に驚いたんですよ。水中で撮影を行うのは体力的にもかなりつらいのですが、撮影し終えた映像を観ると、本当に神秘的で……。水中での撮影は、そういった神秘的なイメージを演出できるという長所があると思います。

―チョン・ジヒョンさんが演じられたシムチョンとご自身の似ている点はありますか?

チョン・ジヒョン:似ている点ですか? う〜ん……。シムチョンはかなり純粋で、生まれたての赤ん坊のように、すべての出来事に馴染みがなく、不思議がる人物なので、その純粋さを表現することが、とても難しかったですね。あえて似ている点を挙げるとしたら……、意図は異なりますが、真っ直ぐ突き進む本能を持っている点ですかね。シムチョンは純粋だからこそ何事にも直進してしまうのですが、私自身も真っ直ぐ突き進む、本能が強いタイプなので……(笑) そういった点は相通ずるものがあるのではないかなと思います。

―では、異なる点はありますか?

チョン・ジヒョン:シムチョンはとても純粋ですし、彼女にとってこの世のすべてのことが目新しく、楽しいことなので、いつどんな時でも、赤ちゃんのような表情を作らなければなりません。でも私は(純粋な人魚の) 彼女とは異なるので、そういった表現をするのが難しかったですね。

「ケーキやパスタを鷲掴みして食べるのは楽しかった(笑)」

―人間の礼儀と言語、文化も知らず、動物的本能だけを持つシムチョン役を演じながら、大変だったことや難しかったことは? ガツガツと食べる演技などは難しかったのでは。

チョン・ジヒョン:演じながら、とても楽しかったです。ケーキやパスタを手で鷲掴みして食べる機会なんてありませんからね(笑) ですので、最初は私も本当に楽しみながら撮影を行なっていたんですが、決して容易いことではありませんでした。なぜかと言うと、一度で撮り終えられるのならいいですが、何度も繰り返し撮らなければならなかったんです。(食べるたびに) メイクも直さなければならないですし、お腹もいっぱいになってしまうので、そういった部分は大変でした。

―ジヒョンさんがシムチョン役を演じながら、一番記憶に残っているセリフを教えてください。

チョン・ジヒョン:(イ・ミンホさん扮する) ホ・ジュンジェに話すセリフなのですが、すごく心に響く言葉だったんです。“人の縁は偶然の連続だけど、その偶然を大切にしてこそ、ずっと良い縁で結ばれる”というようなセリフなのですが、とても共感しましたし勉強にもなりました。シムチョンのセリフの中から選ぶとしたら、この言葉ですね。

―では“このシーンに注目して欲しい”といった名場面はありますか?

チョン・ジヒョン:やっぱり水中シーンでのシムチョンの姿はとても美しいので、ご覧いただきたいですね。それから“シムチョンは何を言おうとしているのかな?”と好奇心をそそられるような場面が多いんですよ。ですので“シムチョンが人魚になる姿”そして“人魚として演じる姿”には注目していただきたいです。

「イ・ミンホさんは大スターなのに純粋な心の持ち主なんです」

―撮影しながら、面白かったエピソードなどはありましたか。

チョン・ジヒョン:今作はカメオ出演をされた方々がとても多く、その度にたくさんのエピソードがあったのですが……。ホン・ジンギョンさんは、ドラマの序盤から終盤までカメオ出演してくださったんですよ。最初から、ジンギョンさんがカメオ出演されることは知っていたのですが、出演される回数が増えていくにつれ、カメオなのかレギュラーなのかと……(笑) ご本人に尋ねたこともあったんですよ! ジンギョンさんが出演されるシーンはコミカルな場面でもあるせいか、ジンギョンさんがいらっしゃったら、撮影現場の雰囲気も本当に良くなるんですよ。しかも、いつも撮影を終えたら、役柄の衣装のまま帰宅されるので、それが可笑しくて(笑) “そのままの格好で帰られるんですか?”と聞いたら、“このままで大丈夫!”とおっしゃられて……。そのままご帰宅されている姿を見る度に面白かったですね。

―イ・ミンホさんと共演されていかがでしたか?

チョン・ジヒョン:(ミンホさんとの) 撮影は本当に楽しかったですね。初めての共演だったので、100%息が合っていたとは言えないと思いますが……。ミンホさんは、大スターなのにとても優しくて、純粋な心の持ち主なんですよ。だから、彼の優しい心に何度も感動しながら、本当に楽しく過ごすことができました。

―毎回、ジヒョンさんがドラマで着た洋服が、リアルタイム検索キーワードの上位に上がり完売するなど、シムチョンのファッションが話題となりましたが、ファッションのために気を遣った部分はどんなところでしょう。

チョン・ジヒョン:ドラマの序盤では、シムチョンはお金がなかったですし……、彼女にとって洋服を着るということ自体があり得ないことでしたが、少しずつ人間社会に適応していく中で、ファッションも際立って見える物の一つになっていくんですが……。彼女のファッションに多くの方々に好感を持っていただけて嬉しかったですね。(シムチョンのファッションで重点を置いた点は) 彼女のハツラツさや愛らしさ、そして女性らしい面をお見せしたかったんです。それから、ホ・ジュンジェを取り合う三角関係の中で、ライバルの女性よりも自分が引き立つように、セクシーな格好をしてみたりと、状況によってファッションを変えるように、心がけていました。

“愛すること”に対して確実に異なる考えを持つ2人のキャラクター

―「青い海の伝説」のシムチョンと「星から来たあなた」のチョン・ソンイは、似たような役柄だという声もありましたよね。日本の視聴者の皆さんのために、この2つのキャラクターの違いを教えてください。

チョン・ジヒョン:まったく異なるキャラクターですね。でも、両作品とも脚本はパク・ジウン作家さんが書かれ、演じるのが私なので(どう違いを見せられるのか) たくさんの方々が期待されていらっしゃったみたいですね。正直、私自身も大きく違いを見せることは難しいだろうなと思い、(似たような役柄だと言われる) 覚悟をしていたんですよ。でも、この2つのキャラクターの違いをあえて言うとしたら“愛すること”に対して確実に異なる考えを持っている点ですね。例えば、シムチョンは1人の男性だけを愛して、その人なしでは生きていけないという気持ちを抱くキャラクターで、それとは反対に(「星から来たあなた」の) チョン・ソンイは、少し違った意味の愛を持っているため、そこだけ見ても確実に異なった性格を持つ、別のキャラクターだと言えると思います。

―最後に「青い海の伝説」を楽しみにしている日本の皆さんへメッセージをお願いします。

チョン・ジヒョン:多くの日本の方々が、「青い海の伝説」を楽しみにしてくださっていると聞いて本当にありがたいです。好評を得て、日本でお会いできる機会があれば嬉しいですね。たくさんの応援をよろしくお願いします。「青い海の伝説」ぜひご覧くださいね! ありがとうございました。

■放送情報
「青い海の伝説」(原題)
CS衛星劇場にて、3月29日(水) より日本初放送スタート
毎週(水) 午後11:00〜深夜1:30(2話連続放送) ほか