写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東芝映像ソリューションは、4K対応の有機ELテレビ「REGZA X910」と、液晶テレビ「REGZA Z810X」において、「地デジビューティPRO」に対応するバージョンアップを5月下旬から開始する。

地デジビューティPROは、地上デジタル放送を高画質で見るための技術で、5月中旬発売の液晶テレビ「REGZA BZ710X」にも搭載。地デジビューティPROに対応することで、地上デジタル放送のゆっくりとした動きのシーンも高精細な映像で楽しめるという。

対応製品は、X910シリーズの「65X910」「55X910」と、Z810Xシリーズの「65Z810X」「58Z810X」「50Z810X」。ダウンロードの方法や日程の詳細は、決まり次第、東芝映像ソリューションのWebサイトにて告知される。