5月5日(金・祝)に開催される“生ラジオドラマ”「劇ラヂ!ライブ2017」の『ふたり暮らし』で主演を務める高杉真宙

写真拡大

甘いマスクと中性的な整った顔で、いま最も注目を集める若手俳優といっても過言ではない高杉真宙。公開中の映画「PとJK」では金髪姿を披露し、ファンを驚かせたのもつかの間、今度はバッサリと短髪へとイメージチェンジを果たした。

【写真を見る】天使のようなスマイルも人気の高杉真宙が、ドキドキの挑戦へ…

そんな高杉が、5月5日(金・祝)に開催される“生ラジオドラマ”「劇ラヂ!ライブ2017」の『ふたり暮らし』で主演を務めることが決定。

「劇ラジ!ライブ2017」は、2012年よりスタートした、新進気鋭の脚本家がラジオならではの演出に挑み、役者が観客の前で生で演技をしていく新感覚の企画だ。

これまで、室井滋、高橋和也、袴田吉彦、水野美紀、宅麻伸、甲本雅裕、田中要次、中間淳太(ジャニーズWEST)、中山優馬、八乙女光(Hey! Say! JUMP)ら豪華なキャスト陣が出演してきた。

そんな中、高杉は劇作家、脚本家、演出家、映画監督、演劇ユニット「ブス会*」主宰者として多彩な才能を発揮するペヤンヌマキが描く「ふたり暮らし」に、まさお役で主演を務める。

7年間同棲(せい)した彼氏と別れた小説家志望の希美が、翌日に出会ったまさお。希美はまさおに一目ぼれし、すぐに一緒に暮らすことに。ひねくれ者だが、いつも希美を優しく見守るまさお。しかし、まさおにはある秘密が…。

主演を務める高杉は「僕はアニメなどが好きで、以前から声の仕事に興味があり、朗読劇もやらせていただいたりしていたので、今回“生ラジオドラマ”という声の演技の仕事を頂けた事がとても光栄です。

ただ同時に、このお話を頂いたとき、正直、怖いな…とも感じたんです。観覧される方には演技をしている姿をお見せしつつ、ラジオを聞いてくださる方には表情の見えない世界で物語を表現する。とても特殊なお仕事でもあると思います。

どこまで自分が表現できるのか、びっくりするくらい挑戦だと思っていますし、緊張もしています。その緊張も含め、楽しみたいと思います!

演出のペヤンヌマキさんとは初めてのお仕事です。企画を拝見したとき、切なくて、不思議で、心が温かくなるお話だと思いました。

こんなすてきな物語を作られる方とご一緒して演出していただけること、この世界の中で自分がどんなふうになるのか…とても楽しみです。ぜひたくさんの方にご覧いただき、お聴きいただきたいと思っています。よろしくお願いいたします」とアピールした。