「メゾンカイザープレゼンツ ハーゲンダッツベーカリー」

写真拡大

スイーツファンにうれしいニュースだ。2017年4月19日〜5月9日、アイスクリームのハーゲンダッツジャパンが本格ベーカリー「MAISON KAYSER presents Haagen-Dazs Bakery (メゾンカイザープレゼンツ ハーゲンダッツベーカリー)」をコラボ出店する。

提携相手は、フランスの伝統的な製法を守るベーカリーとして名高い「メゾンカイザー」。東京千代田区の「メゾンカイザーカフェ 丸の内店」内にて、ハーゲンダッツアイスクリームとメゾンカイザーのパンを組み合わせたオリジナルメニュー14種を販売する。

昨年代官山で販売した幻のメニューが復活!?

街角やショッピングモールで、冷たいアイスとパンを組み合わせたメニューを見たことはないだろうか。この2つは相性がよくて、ほのかに温かいパン生地とアイスの甘さが口の中で溶けるとき、なんともいえない食感が味わえる。

ハーゲンダッツベーカリーもその例にもれない。今回のコラボのきっかけは、16年夏に期間限定で東京・代官山にオープンした「Haagen-Dazs SUMMER TERRACE」。同テラスにてメゾンカイザーのクロワッサンを使用したメニューを販売したところ、多くの客に好評だったことから実現した。クロワッサンを使ったメニューは今回も発売される。

商品の内容は、テイクアウトメニューが6品で価格は各600円(税別、以下同)。イートインメニューは8品で価格は1000〜1300円(セットが1200〜1500円)。期間中は、ハーゲンダッツベーカリー用に開発したオリジナルパンを含む、11種のパンの販売も行う。

見てるだけでほっぺたが落ちそうなテイクアウト

「クロワッサンハットwith バニラ」は、濃厚なバニラアイスクリームをレモンピールの香り広がるブリオッシュにのせ、ザクザクのクロワッサンの帽子をかぶせた。

「ヴィエノワーズショコラwith クッキー&クリーム」は、チョコレートチップを練り込んだパンに食感の楽しいクッキー&クリームアイスクリームを挟み、上から香ばしいローストアーモンドをぜいたくに盛り付けた。

イートインも絶品スイーツが目白押し!

「クロワッサンオザマンドwith バニラ」は、ラムシロップに漬け、香ばしいアーモンドクリームを挟み焼き上げたクロワッサンに濃厚なバニラアイスクリームが絡み合う。最後にベリーもふんだんに散りばめて。

「クイニーアマンwith バニラ」は、ターの風味豊かなデニッシュにカラメルソースをコーティングしたクイニーアマンで、バニラアイスクリームをぜいたくに挟んだ。リンゴのソテーが2つの味を引き立てる。

営業時間は10時から22時30分まで(ラストオーダーは21時30分)。なお、月〜土曜の8時から10時までは、パンと一部のドリンクメニューを提供する。