一日の疲れを汚れと共に洗い流してくれる、みんな大好きバスタイム。みなさんは毎日のバスタイムをどのようにお過ごしですか? 読書をしている方や音楽を聴いている方、ひたすら寝ているという方など様々だとは思いますが、いつものバスタイムをより快適なものにしてくれる食べ物があるのをご存知でしょうか? わたしたちがよく目にするありふれた食べ物をお風呂に入れるだけで、疲労回復や健康効果などが期待できるのです。毎日のバスタイムで、是非お風呂に入れたいおすすめの食べ物について紹介します。

「ショウガ」でポカポカしよう

お風呂に入れたいおすすめの食べ物1つ目が「ショウガ」です。ショウガは食べることにより、代謝が促進され身体が温まるのが特徴ですが、お風呂に入れても同様の効果が期待できます。お風呂に入れることで、ショウガ成分が身体の血液循環を良くし、身体の芯からポカポカにしてくれます。冷え性やリュウマチの症状を和らげる効果も期待できるようです。ショウガ風呂のやり方は、生のショウガをきざみ、ガーゼ等の布に包んでからお風呂に入れるというもの。ショウガを食べ、お風呂にも入れれば、ダブルの効果が期待できることでしょう。使用するのを忘れていた勿体無いしょうがの有効活用としてお試しあれ。

「みかん」でスベスベになろう

お風呂に入れたいおすすめの食べ物2つ目が「みかん」です。みかんには保温効果が期待できるだけでなく、みかんに含まれるビタミンCやクエン酸が、体中の肌をスベスベにする効果まで期待できます。ちなみにみかんの実部分に含まれるビタミンCやクエン酸は、皮部分にもまた豊富に含まれています。みかんを食べた後むいた皮をお風呂に入れることで、ダブルの効果が期待できる上、みかんを丸々有効活用することができます。

「ハチミツ」でしっとり素肌になろう

お風呂にいれたいおすすめの食べ物3つ目が「ハチミツ」です。今やシャンプーやコスメ等にも使用されているハチミツ。お風呂に入れること自体珍しいと思われがちですが、ハチミツには殺菌効果や保湿効果が期待できるので、しっとり素肌になりたいというあなたには、ハチミツは非常におすすめの食べ物であるのです。ハチミツを入れる目安は様々ですが、おおさじ1〜3杯程度入れる方が多いようです。以上紹介した食べ物は、食べると健康効果が期待できるのはもちろんのこと、お風呂に入れても健康効果・美容効果が得られる、非常に優秀な食べ物です。これらの食べ物を食べ、お風呂にいれることで、身体の内と外から美しく健康になってみては?


writer:サプリ編集部