マスターズでも注目を集める松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

ESPN特集で松山が高評価「今年初頭の活躍ぶりを取り戻そうとしている

 今年の男子ゴルフの4大メジャー初戦となるマスターズは現地時間6日(日本時間7日)に米オーガスタで開幕する。世界のトッププレーヤーがズラリと顔をそろえる中、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は出場選手の格付けを掲載。松山英樹(レクサス)は5位にランクインしている。

 いよいよ、開幕が迫った4大メジャーの今季初戦。日本人初制覇に期待がかかる松山は、地元メディアからも高い評価を受けている。記事では、5位に「ヒデキ・マツヤマ」を選出。寸評では「調子を落としているかもしれないが、騙されてはいけない」とした上で、こう伝えている。

「しっかりと休養をとったマツヤマは代名詞的な片手でのフィニッシュとともにマスターズに参戦し、今年初頭に見せた活躍ぶりを取り戻そうとしている」

 松山は今季、米ツアー2勝を含む5勝をマーク。直近4戦は予選落ちも1度あり、最高は25位タイと成績は振るわないが、しっかりとリフレッシュしたことで復調する期待感があるようだ。

 1位には宿泊先で5日に階段から転落して腰を強打し、出場が不透明となっているダスティン・ジョンソン(アメリカ)。さらに、ローリー・マキロイ(英国)、リッキー・ファウラー(アメリカ)、ジョン・ラーム(スペイン)と世界の名だたる名プレーヤーに次ぐ形でマツヤマはランクインしている。果たして、日本の25歳はグリーンジャケットを手にすることができるだろうか。

 なお、ESPNの「マスターズ出場選手ランキングTOP25」は以下の通り。

出場選手格付け25位にランクインした面々は?

1位 ダスティン・ジョンソン(アメリカ)
2位 ローリー・マキロイ(英国)
3位 リッキー・ファウラー(アメリカ)
4位 ジョン・ラーム(スペイン)
5位 松山英樹(日本)
6位 フィル・ミケルソン(アメリカ)
7位 アダム・スコット(オーストラリア)
8位 エミリアーノ・グリジョ(アルゼンチン)
9位 ポール・ケーシー(英国)
10位 ジョーダン・スピース(アメリカ)
11位 シャール・シュワーツェル(南アフリカ)
12位 パット・ペリッツ(アメリカ)
13位 ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)
14位 ブルックス・コエプカ(アメリカ)
15位 ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)
16位 マーク・レイッシュマン(オーストラリア)
17位 ブラント・スネデカー(アメリカ)
18位 ジャスティン・トーマス(アメリカ)
19位 リー・ウエストウッド(イギリス)
20位 セルヒオ・ガルシア(スペイン)
21位 スコット・ピアシー(アメリカ)
22位 ジミー・ウォーカー(アメリカ)
23位 マルティン・カイマー(ドイツ)
24位 ビル・ハイス(アメリカ)
25位 アーニー・エルス(南アフリカ)