若手注目株の今平周吾、ここで勢いに乗りツアー初勝利を掴めるか(撮影:福田文平)

写真拡大

<岐阜オープンクラシック2017 事前情報◇6日◇各務原カントリー倶楽部>
滋賀県の各務原カントリー倶楽部にて「岐阜オープン」が8日(土)より2日間の日程で開幕する。
あのアーメンコーナーも!360度カメラでオーガスタを隅々までチェックしよう!
先週の「千葉オープン」と併せて、国内男子ツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」の前哨戦となる。新シーズンの幕開けまで後一週間ということもあり、オフでのトレーニングに対する絶好の試金石。シード選手達も開幕ダッシュを切ろうと多くの面々が顔をそろえる。
シード選手からは、昨年ツアー未勝利ながら賞金ランキング10位にランクインした今平周吾を始め、武藤俊憲、宮本勝昌、藤本佳則、小池一平ら実力者が集結。昨年のチャレンジツアー賞金王の塚田好宜、昨年覇者の上田諭尉も出場し、海外勢からはデビッド・オー(米国)、マシュー・グリフィン(オーストラリア)、ジュビック・パグンサン(フィリピン)など、ツアーと比べても遜色ないプレーヤーが頂点を争う。
公式サイトでは予選ラウンドの組み合わせが発表され、今平が河井博大、アマチュアの山藤晋吾、金原丈也と、昨年覇者の上田は丸山大輔、アマチュアの上田崇宏、横井優星と同組となった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【千葉オープン結果】
「不安があるくらいの方が良い」藤田寛之、マスターズ制覇を狙う松山英樹に持論
松山英樹は19倍!「マスターズ」の最新オッズが公開
ダスティン・ジョンソン、ジェイソン・デイ、ジョーダン・スピース、谷原秀人のクラブを筒康博氏が大診断【前編】