大卒の求職者、26.8%が事務職希望/台湾

写真拡大 (全2枚)

(台北 6日 中央社)労働部(労働省)は5日、公共の就職支援や職業紹介を行う機関のデータを基にした統計を発表し、昨年の大卒求職者の26.8%が「事務職」を希望していたことがわかった。

男女別に見てみると、男性で「事務職」を希望している人は14.2%なのに対し、女性では38.9%となり、女性が「事務職」を希望する割合は他職種より高いことがわかった。しかし、求人倍率から見ると、「事務職」は0.71倍で、1件の求人に対し1.4人の求職者がいることになるという。

昨年、公共の機関を利用した求職者は72万8000人で、そのうち大卒の求職者は22万9000人。「専門職」と「技術職及び専門職の助手」も大卒求職者の21.3%が希望する人気職だった。

(余曉涵/編集:楊千慧)