喫煙による世界の死者数が90年から5%増加 2015年には640万人超

ざっくり言うと

  • 英医学誌で6日、タバコに関する研究報告書が発表された
  • 喫煙による死者数は25年前と比べて4.7%増加し、2015年には640万人を超えた
  • 世界人口の増加が原因とみられ、吸う人の割合はほとんどの国で減少している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング