写真提供:マイナビニュース

写真拡大

タレントのハリー杉山が、フジテレビ系『山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章』(15・16日21:00〜)でドラマデビューを果たすことが6日、明らかになった。さらに、17日スタートの月9ドラマ『貴族探偵』(毎週月曜21:00〜)の第1話にも出演する。

『女の勲章』は、戦争で家族や家を失った松嶋菜々子演じる主人公の大庭式子が、洋裁学校を立ち上げ、ファッションデザイナーとして成功する中で翻弄(ほんろう)されていく姿を描くもの。ハリーは、日本からやってきた式子のパリ滞在中の世話をする繊維会社の特派員・園田という役で、契約を結ぶ重要な局面を通訳として支える役どころとなる。

撮影を終えたハリーは「これはNGを出せるはずがない!と思いきや、出してしまった時の松嶋さんの『大丈夫!ゆっくり…』とのお言葉には救われ、なんとか乗り切りました。陽だまりのように優しい方でした」と、松嶋に頭が上がらない様子だ。

そして、嵐の相葉雅紀演じる探偵を趣味にする青年が、事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じている間に、絶対的な忠誠心を持つ召使いたちが、捜査へ動き出す『貴族探偵』では、第1話で起こる事件関係者の1人である会社員・笹部恭介役で出演。

ハリーは「ずっとお芝居と無縁だった男が…『女の勲章』…からの月9…しかも30周年を記念する作品の第1話なんて…数秒絶句した後…身を引き締めて本屋に走り原作を買いました」と、オファーを受けた際の心境を語っている。