写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の新木優子が6日、東京・ユナイテッドシネマ豊洲で行われた関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(11日スタート、毎週火曜21:00〜21:54 ※初回15分拡大)の完成披露試写会に登場し、小栗旬に強烈パンチを食らわせたことを明かした。

同ドラマは、『SP』シリーズなどの金城一紀氏が脚本を務め、5年前から構想を練ってきた作品。主演の小栗演じる稲見朗、西島秀俊演じる田丸三郎ら、人に言えない過去を持つ公安機動捜査隊特捜班の面々が、これまでの警察ドラマの常識を越える規格外の事件に挑む姿を描いていく。

「カリ・シラット」という武術を取り入れた激しいアクションも見どころだが、"事件"が起きたのは、サイバー情報分析を得意とする捜査員・大山玲役の新木と小栗が、トレーニングをするシーンの練習をしていた時のこと。2週間ほど練習を重ね、小栗が「優子ちゃんの動きが良くなってきたな」と感じ始めた頃に、新木からのパンチを避けられなくなり、もろに食らってしまったという。

その瞬間、新木は、パンチが入ったことに気づかなかったそうで、小栗は「すーって(パンチが)出てきたのをパーンって食らうっていうのが、2〜3回ありました(笑)。主役の顔面になかなかのパンチを入れたのに、そのまま続けるっていうのは、なかなかすごいな」と感心。

これに対して、新木は「すいませんでした」と謝罪した上で、「小栗さんが『本気でやってきていいよ』と言ってくれて、私も本気でやらないと画に反映されないと思っていたので、当たったっていうのも覚えてないんです。終わってから、いつも避けてもらってたのに、すごく気持ちが良かったので、『あっそういうことか』と思って…」と弁解した。

また新木は、特捜班の中で紅一点の役柄にもかかわらず、緊張する姿をほとんど見せないそう。小栗は「存在としては、優子ちゃんがなかなかの"規格外"でした」と絶賛していた。