TOKIOカケル

写真拡大

4月5日放送の「TOKIOカケル」(フジ系)のゲストは歌舞伎俳優の中村七之助。女形のスター役者であり、端正なマスクのイケメン、しかも独身の七之助が、女性の落とし方について語った。

【写真を見る】歌舞伎界のイケメン兄弟、中村七之助、中村勘九郎

山口達也に「彼女には芝居は見せる?」と聞かれ、七之助は「できたら見せたい」と返答する。

続けて七之助が「どっちが女性受けいいですか?」と問いかけたのは、いっしょに飲んでから芝居を見せるか、逆に芝居を見せてからいっしょに飲むか、という二択。

七之助は「飲んでる姿から見せたほうが女性は感動するんですよ」と持論を明かす。

松岡昌宏は「それはそうだよね!ギャップがね!」と納得。

七之助は「どうしようもないところからやって(スタートして)、芝居を見てくれると『あ、ちゃんとしてるんだ…』って(思ってもらえる)」と女心を説明する。

「リーダーとかどうなんすか?」と城島茂に話を振ったのは長瀬智也。

芝居を見せる代わりに「家で弾き語りしてあげるかな」という城島に、一同は爆笑する。

次回、4月12日(水)放送の「TOKIOカケル」のゲストは風間俊介、高橋克実。